macsbug

Just another WordPress.com site

Archive for 3月 2015

Arafruit Trinket 備忘録

leave a comment »

Trincket を使おうと思ったら、ちょっと使い方が違っていたのでメモをとる。  2015.03.29

trinket_Trinket_5V.jpg

Trinketの開発環境:TrinketをArduino IDEで使うためにはいくつかの準備と変更が必要。
_ 基本:Arduino IDEでの転送は、Port 接続は使用せず、書き込み装置(Programmer) で行う。

準備:以下をDLする。
1. Arafruit の Arduino 1.0.5:Setting up with Arduino IDE から、DLする。
2. hardware(attiny)
3. avrdude.conf
4. ID

上記の処理
1. Trinket の設定:ATtiny85のサポート ( 以下のArduino Folder へ hardware(attiny)をインストールする)
_ hardware(attiny):user / userID / 書類 / Arduino
2. Arduino.app の設定:applicationの中に「avrdude.conf」をインストールする。
_ avrdude.conf:Arduino.app / contents / Resource / Java / hardware / tools / avr / etc
3. Arduino.app の設定:applicationの中に「ID」をインストールする。
_ ID:Arduino.app / contents / Resource / Java / hardware / tools / avr / avr / bin

Arduino IDE :設定と使用方法
1. Arafruit Arduino 1.0.5 を使用する。
2. Arduino IDEの設定 : ツール(Tools) / マイコンボード(Board) = Adafruit Trinket 8MHz
3. Arduino IDEの設定 : ツール(Tools) / 書き込み装置(Programmer) = USBtinyISP
4. スケッチ する。
5. 転送 : Trinket を USB2.0 接続し転送する。又は、Trinket のリセットスイッチを押して転送する。
_ 上記により、TrincketのLEDがじわじわ点灯中に転送する。

メモ:
1. エラー 「Could not find USBtiny device (0x1781/0xc95f)」が出た時は、Trinket のリセットスイッチを押す。
2. Trincket は、「シリアルコンソール」機能を持っていませんので、転送にシリアルを使用する事はできません。

要調査:Adafruit Trinket 16MHz はどうなの?

参考:
Pinouts
ARDUINING

広告

Written by macsbug

3月 28, 2015 at 8:24 pm

カテゴリー: Arduino

インフィニティミラー ( Infinity mirror ) Ver 2

leave a comment »

前回のインフィニティミラーの高さを少なくし、約半分の高さを実現。        2015.03.28

im1 im2
im3 im4
im5 im6

 

 コントローラー:Arduino UNOは大きいので、Arduino Trinketを使用。
_ Trinketは、ATtiny85を使用しており容量不足だが、ま〜いいかなと。
_ Arduino nanoとArduino Pro micro は、注文中。
 ミラー:TOKYU HANDSで、ハーフミラーとミラーをカット。70mm x 70mm 7枚。140 x 140 mm 1枚。
_ ハーフミラー:3291円。ミラー:1198円。カット代:864円。
 Trinket:ATtiny85(8K)で容量が少ない。その為にスケッチの大きさはかなり制限される。
_ Arduino IDEでは、USB接続では無い為に、Tools > Programmer > USBTinyISP を選択しコンパイルする。
_ Adafruit TrinketのSetting up with Arduino IDEを参照の事。

 

メモ:
LED TIP:WS2812 は、RGB LED で連結時にアドレスで1つ1つ制御できるマイコンが内蔵されている。
_ WS2812B は、連結時にいずれかの LED が不動作でも他の LEDは、表示する構造になっている。
_ 最小のRGB LEDは、3.2 x 2.8 mm で、Part No は、CLVBA-FKA-CAEDH8BBB7A363。ただし、外部に制御回路が必要。
_ LATBT66B は、3.4 x 3.0mm。

LED 消費電流:Whiteで常時点灯の場合は、1個50mA(秋月情報)。32個で、1.6Aとなる。
_ 今回は、最大300mA。これは、Adafruit Libraly を使用している為に省電力となっているようだ。

Written by macsbug

3月 28, 2015 at 12:54 am

カテゴリー: Arduino

工作台の購入

leave a comment »

Arduino UNO基盤サイズで小さい物に対応できる工作台を購入しました。

vise

 

 

 

 

 

 

 

購入先:MOUSER、名前と番号:PanaVice 591-209 (4692円)

吸盤式で、紙とかは無理ですが、ほんの少し横に木目の入った机でもしっかり止まります。
しばらくじっくり見ていると、、、あっ、そうだ、アームの所は、3Dプリンターで作れるかもね。

共同購入とお礼:今回、注文と輸送をして頂いた「じわじわ進む」さん、ありがとうございます。

メモ:要支払い残金:1031円

Written by macsbug

3月 21, 2015 at 11:54 pm

カテゴリー: Arduino

インフィニティミラー ( Infinity mirror )

leave a comment »

インフィニティミラーを作ってみた。                    2015.03.20

横から見ると奥行きがある様に見え、上から見るとブラックホールの様に見えます。
電子工作の「3D Lチカ」かな。

p 1nf
inf_set ws

 

用意するもの:
1. ハーフミラー:70x70mm 2枚:総計 1766円 (902+864(送料)):アクリ屋ドットコム
2. WS2812 5050 RGB LED Module:ebayにて、総計 1404円 (1個351円)。
3. Arduino UNO:
4. Library:Adafruit_NeoPixel
5. ケース:3Dプリンターで作成。

製作:
1. カラーLEDを横1列に並べ、上下にハーフミラーではさむ。
2. WS2812:配線(連結可能):4-7VDC=+5VDC,GND=GND,DIN=Arduino I/O OUTPUT。連結:IN->OUT
3. LibraryでLEDの数を設定する。

資料:
1. adafruit:NeoPixel Stick – 8 x WS2812 5050 RGB LED with Integrated Drivers
2. WS2812:data sheet, Worldsemi, Intelligent control LEDintegrated light source
3. NEOPIXELS:NeoPixelsで長い列のLEDをプログラムすることができる。
4. WS2812 5050 RGB LED Module は、LEDを1個づつ操作する事ができる。
5. WS2812 LED:ebay 5pcs/Lot WS2812 5050 RGB LED Module for Arduino 。10個 2970円。
6. WS2812B LED Tape:ebay WS2812B 5050 RGB LED Strip 60LED/M。1m 1806円
7. フルカラーテープLED(1.5m)又は連結用30cmフルカラーLEDコントローラー(赤外線)がある。

感想:
1. ハーフミラー:価格は高いが今回はネツトで注文。材料を再検討して低価格をめざそう。
2. ケース:幾つかを重ねる方式にしたが綺麗に出来ない事と、Arduinoが少し大きく場所をとった。
3. LEDとハーフミラーの間隔は少ない方が、LEDが多く見え奥行き感が増す。
4. ケースの厚さが薄いと奥行き感の効果がある。
5. LEDは輝度が高いのと、iPad3のカメラの性能が低く綺麗に撮れない。
6. ケースのデザインが重要。陳列効果は、デザインで決まる。

Written by macsbug

3月 20, 2015 at 11:43 pm

カテゴリー: Arduino

指紋センサー ( Fingerprint Sensor )

leave a comment »

Arduino用、指紋センサー着。4本配線し、Libraly を DL。     2015.03.16
最初に指紋を登録し、次に、認証したら Lチカ する動作を確認しOK。

用意するもの:

1. Fingerprint Sensor:ebayに2個注文し10日で届く。価格は1個3661円。
2. Adafruit-Fingerprint-Sensor-Library
3. Arduino UNO:

設定と動作:
1. Libralyにある enroll を実行しターミナル画面から入力し指紋を認識させる。
2. Libralyにある fingerprint で指紋認識の動作が確認できる。
3. 複数認証可能:チュートリアルとAPIに複数登録が可能と書いてある。以下、3つの場合の実例。
_ fingertest
_ Found fingerprint sensor!
_ Waiting for valid finger…
_ fingertest
_ Found fingerprint sensor!
_ Waiting for valid finger…
_ Found ID #10 with confidence of 260
_ Found ID #0 with confidence of 183
_ Found ID #4 with confidence of 112

参考:
adafuit Fingerprint Sensor
adafruit-optical-fingerprint-sensor
youtube:Getting Started with the Fingerprint Sensor
シリアルポート光学式指紋センサーとArduinoの応用例
気まぐれ雑記(仮):指紋認証式電気錠の制作
INoX プログラミング道場:高性能DSPタイプ指紋スキャンモジュール:指紋画像抽出。
Biometric Lock Box
Blog Kejuruteraan Dan Teknologi:Fingerprint Attendance System (XBee @ Wifi)
hackaday.:Jarvis Security

感想:
この小さい中にDSP等、集積された部品が凄いです。
Arduinoは、その場で直ぐ出来て凄く便利。
使い道は後で考えよう。

Written by macsbug

3月 16, 2015 at 1:19 pm

カテゴリー: Arduino

MicroViewでApple Watch?

leave a comment »

aw1

Written by macsbug

3月 11, 2015 at 2:01 pm

カテゴリー: Arduino

USB HUB 顛末記

leave a comment »

iMac 27 (USB 2.0)で使用している、USB 2.0 HUB (画像の上、白) のUSBの接点が接触不良となった。
新しく、USB 3.0 HUB(画像下、黒) を購入したが認識せず接続できない。
千石電商で、USB 2.0 コネクターを購入(1個50円,7個購入)し、交換して問題なく接続できた。

USBHUB

 

 

 

 

 

 

 

 

この製品は、上海問屋で購入したもので、つい安いものを買ってしまうのだ。
USBの接点は中央の白いガイドが緩んだ事と、接点のバネの足が緩んで弱くなった。
分解して見たがUSBコネクタの固定が貧弱な事や、USBのGNDは片側だけ半田の品質の悪い製品。

USB 2.0 HUBの価格を調べる:もう、上海問屋では販売していないが、2000円程度したはず。
Aliexpressでは、Vosicar New 7 Ports LED USB 2.0 Adapter Hub Power on/off Switch For PC Laptop Freeshipping&Wholesale という名前で、$2.8 で販売している。安い!

先日、上海問屋へ行くと、いままでの製品は無く、USB 3.0 HUB(画像下、黒)を購入。
ところが、iMacに接続して認識する物もあるが、ほとんど認識しない。
結果、使えない事が解り、せいぜい充電くらいなら使用できる事となる。

USB 3.0 HUBの価格を調べる:上海問屋で、3999円と高い。
Aliexpressでは、High Speed USB 3.0 7-Ports HUB Charge Port for Mobile Phone PC Laptop P4PM という名前で、$18.16 で販売している。安い!

教訓:慌てず、じっくり調べて購入する事。

 

Written by macsbug

3月 9, 2015 at 1:11 pm

カテゴリー: Gadget