macsbug

Just another WordPress.com site

Arduinoの電源をワイヤレス化

leave a comment »

Qi ワイヤレス給電で、Arduinoの電源をワイヤレス化してみました。          2015.05.10

ワイヤレス化と言っても、Qi ワイヤレスの充電アダプターの出力をArduinoのUSB電源に接続しただけです。
Arduino UNO+ESP8266、Arduino nano+ESP8266、Infinity Mirror(Arduino nano) が動いています。
電池無しのArduinoをQiパットの上に乗せると動き、魔法みたいな感じで楽しい。

Qi ワイヤレス送電パット(白)と、Qi ワイヤレス チー充電アダプタ(黒)を購入。
価格:あきばお〜零2階。QI-NEXNEXUS7 送電パット=2484円。QI MicroUSB チー充電アダプタ=1749円。
_ 国内での価格は高い。ebayでは、1/4〜1/5の価格があり各種注文中。
_ 入手後レポートする予定です。(追記:2015.05.12)

送電パットは、給電が始まると、緑のランプが点灯する。そして、パットがほんのり暖かくなる。
充電アダプタは、800mA出力のもので、以下の容量のものなら動きますね。
Arduino UNO+ESP8266サーバーの消費電力は、130mA。
Arduino nano+ESP8266サーバーの消費電力は、110mA。
Arduino nano+Infinity Mirror の消費電力は、330mA。

Written by macsbug

5月 10, 2015 @ 7:32 am

カテゴリー: Arduino

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。