macsbug

Just another WordPress.com site

BUONO UNO R3 + ESP8266 で 57600bps

leave a comment »

BUONO UNO R3 (Arduino compatible) + ESP8266 は、57600 bps で動作した。    2015.08.02

BUONO UNO R3 の仕様:BUONO UNO R3 Datasheet ( 3.3V:300mA )

特徴:
_ システムパワーを、5V/3.3V スイッチで切換える事ができる。(I/O の電圧が、3.3V 動作可能)
_ 3.3V の出力電流は、300mA まで可能。ESP8266 を駆動させる可能な容量である。(Xbeeが可能)

販売:BUONO UNO R3 は、ebay で販売されている。価格は、2015.08.02現在、1個1568円と少々高い。


準備:BUONO UNO R3 をシリアルモニター化するスケッチでボーレートを、57600 bps に変更。
-> Arduino だけで ESP8266 を設定する方法
動作状況:いつものWEB Serverは、動作した。
メモ:115200 bps は、文字化けが発生する為に、動作不可。
57600 bps が可能な理由:3.3V の電流容量を増加、I/Oの電圧を3.3V 同一電圧でおこなった為と思われます。


下にある、Arduino Uno R3 を BUONO UNO R3 に交換し、SYS PWR は、3V3(3.3V)に設定。
3.3V駆動の為、5V/3.3V レベル変換は不要である。
HARD:Arduino pin 2(Tx) -> ESP8266 Rx, Arduino pin 3(Rx) <- ESP8266 Tx.   SOFT:SoftwareSerial( 3,2);


ESP8266MOD も同様に、BUONO UNO R3 に交換し、57600 bps で通信が可能になりました。
3.3V定常電流:75mA


ESP8266(ESP-01)とESP8266MOD(ESP-12)は、中味が同じなので結果は同じでしょうね。


Written by macsbug

8月 2, 2015 @ 11:38 am

カテゴリー: Arduino, ESP8266

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。