macsbug

Just another WordPress.com site

TI SensorTag と iPhone、iPad

leave a comment »

2年程前に購入した、手のひらに入る TI SensorTag を iPad で動かしてみた。 2015.09.11

温度、湿度、圧力、加速度、ジャイロ、磁力、スイッチ をセンスしBLEで通信します。

アプリは新しくなり、TI SensorTag という名前で無料。
iPhone,iPad,Nexus,Xperiaにも使え、ボタン電池(CR2032)は、結構長持ちします。
新しいセンサー:IoT made easy もある。


TI Sensor Tag

TE Sensor Tag


開発環境:
techBasic というMaciPhone/iPad用の開発言語がある。
Mac:techBASIC App Builder

サンプルが沢山あり、カット & ペースト・レベルでアプリを作る事が可能。
無料版の techSampler でも動きます。


参考:
iTunes Preview:旧版 SensorTag
iTunes Preview:TI SensorTag ver 4.2
iTunes Preview:TE Sensor Tag
iTunes Preview:Texas Instruments:他に沢山のアプリがでている。
Texas Instruments:SensorTag User Guide
Texas Instruments:Texas Instruments CC2541 SensorTag Development Kit
Texas Instruments: CC2541 SensorTag
Texas Instruments:IoT made easy
Texas Instruments: SensorTag2015:新しいセンサーが充実しています。
Controlling the TI SensorTag with techBASIC:センサー及びBLEプログラムの基礎と詳細
techBasic
techBAsic Documentation
_ techBASIC Reference Manual、Quick Start Guide for iPad、Quick Start Guide for iPhone


購入方法: DigiKey(3427円), Amzon.com, Texas Instruments, mouser で販売しています。


感想:
_ Hard:ハードの製作が必要ないのは楽です。部品や配線が細かく改造がしにくい。
_ 電源:ボタン電池(CR2032)は、結構長持ちし、電子工作にある電池の問題は楽になります。
_ 速度:BLEの速度は遅いですが、温度程度なら充分かと思われます。
_ BLE:サンプルにはBLE通信の極意がありブルーツース制御の参考になります。
_ teckBasic:グラフ標示は遅いが、BASICレベルで iPad のアプリを製作できるメリットは大きい。
_  Basicと言っても、Xcodeのような長ったらしい名前が多い。


 

Written by macsbug

9月 11, 2015 @ 3:21 am

カテゴリー: Apple, Knowledge

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。