macsbug

Just another WordPress.com site

ESP-WROOM-02 ファームウェアアップデート

leave a comment »

ESP-WROOM-02 に スケッチを書き込むと AT コマンドが使えなくなる。    2015.11.05
ESP-WROOM-02 用のメモとして備忘録を記載しました。


AT コマンドを使えるようにするには、マックでターミナル操作が必要となります。
ターミナル操作は面倒ですが手順をまとめ動く事を確認しました。(ESP-WROOM-02で確認)
参考:ESP8266 ファームウェアアップデート(ESP-01)

書き込み装置の用意や、ファームウエアーのダウンロードはとても面倒です。
まして、ターミナル操作となると理解できないコマンドを入力する事がさらに面倒です。
そんな私も以下の要領で、なんとかできるようになりましたので参考にしてください。


準備:以下のように配線します:PROGスイッチは、ジャンパーワイヤーのほうが便利です。

環境:Mac OSX 10.8.5 Mountain Lion にて実施。

手順: ターミナルと esptool を使用した方法。

01. ESP8266 の GPIO_0 を GND にする。スイッチでなくワイヤーでジャンパーした方が楽です。
02. esp という名前のフォルダーをデスクトップに作る。
03. USBで接続したデバイス名を Arduino IDEで調べてメモる。例:cu.usbserial-ABC
04. esptool-master.zip をダウンロード。
_  https://github.com/themadinventor/esptool :esptool.py を入手する。
05. 解凍した esptool-master フォルダーの中味を、espフォルダーに入れる。
06. esp_iot_sdk_v1.4.0_15_09_08.zip をダウンロード。
_  http://http://bbs.espressif.com/viewtopic.php?f=46&t=1124 の下にある。
07. ダウンロードしたファイル名は、esp_iot_sdk_v1-2。
08. esp_iot_sdk_v1-2 を、esp_iot_sdk_v1_2 に変更。
09. esp_iot_sdk_v1_2 > esp_iot_sdk_v1.4.0 > bin > boot_v1.4(b1).bin を、boot_v1.4b1.bin に変更。
10. esp_iot_sdk_v1_2 のフォルダーを、espフォルダーに入れる。
11. 以下、ターミナル入力
12. cd desktop/esp/
13. sudo python setup.py install
14. cd esp_iot_sdk_v1-2/esp_iot_sdk_v1.4.0/bin/
15. ESP8266 のRST端子をGNDにしてOPENする。(RESET スイッチをプッシュし離す )
16. 以下の文に、メモしたUSBデバイス名を入れてターミナル入力する。
17. esptool.py -p /dev/cu.usbserial-ABC write_flash -ff 40m -fm qio -fs 32m 0x00000 boot_v1.2.bin 0xfc000 esp_init_data_default.bin 0xfe000 blank.bin 0x01000 at/1024+1024/user1.2048.new.5.bin
_  esptool ,,, bin まで連続した文字です。
18. Connecting…
_   Erasing flash…
_   Wrote 2048 bytes at 0x00000000 in 0.2 seconds (73.3 kbit/s)…
_   Erasing flash…
_   Wrote 1024 bytes at 0x000fc000 in 0.1 seconds (73.2 kbit/s)…
_   Erasing flash…
_   Wrote 4096 bytes at 0x000fe000 in 0.4 seconds (78.9 kbit/s)…
_   Erasing flash…
_   Wrote 279552 bytes at 0x00001000 in 30.5 seconds (73.3 kbit/s)…
_   Leaving…
_      を表示して終了。
19. ESP8266 の GPIO_0 を OPEN にする。ジャンパーワイヤーを外す。
20. ESP8266 のRST端子をGNDにしてOPENする。(RESET スイッチをプッシュし離す )
21. ATコマンドで調べる。


メモ:ファイル名に – (ダッシュ)を含む場合 エラーが起きます。その為 _ (アンダーライン)に変更。


 

Written by macsbug

11月 5, 2015 @ 12:50 am

カテゴリー: ESP8266

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。