macsbug

Just another WordPress.com site

消えたボード

leave a comment »

ESP-12F WIFI Wireless Serial Ports ESP8266 Development Board が消える!! 2016.02.27
ebayやAliExpresで6百円台で販売されていたESP8266のボードが
どの販売業者からも突然なくなりました。


いくつか調べてみると「ENDED」と表示されていましたし、購入ボタンが無くなっていました。
おいおい、調査の為に注文しておいたものはどうなるんだろう?
そういえば届いていない!! という、声が聞こえそうです。


便利な点は、CDSセンサーとRGB LEDが付いていて、即 CDSやLEDの動作が試せる事。
回路図は公開されていない為、配線図を調べてみるとチョット疑問な配線がありました。
最低部品数でいかに安く作るかの工夫がされていました。
その中で4カ所、 ESPのポートへ 5V が加わり実測値は 4.4V〜4.9Vになっていました。
ま〜、それでも動いていました。
原因は、USBのCH340Gの電源に5Vを使用しその出力が 5V であった為です。
こういう使い方があるものなのかと思いながら 動いていました。
ちなみに、D1 mini も同様の CH340G を使用していますが、電源は 3.3V を使用しています。


その後、D1 mini が出現して D1 mini の構成の方が圧倒的に良い状態になりました。
つまり、2枚基板が1枚基板になり小型化、価格もほぼ同じ。

もうこれを買う要件はどこにも無い条件になりました。
ENDED表示だけですので理由は解りませんが いつまでも続く物ではないのですね。

他に、以下の画像があったが、これは一部の業者で販売の都合かと思えます。

Written by macsbug

2月 27, 2016 @ 11:15 am

カテゴリー: ESP8266

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。