macsbug

Just another WordPress.com site

Let’s make a case of ESP8266

leave a comment »

ESP8266のケースを作ろう                                         2016.03.02
ESP8266のケースを UV レジンで 着飾りました。

右のノーメイクのケースと比べていかがでしょうか?
さらに 左のケースはケース同士を左右連結する事ができます。

 


用意するもの:
3D プリンター出力のケース
以下 ヒャッカソン式で合計300円。
UVクラフトレジン液、ラメ・ハードタイプ:紫外線で硬化する表面コート剤:百均

UVクラフトレジン液用カラー顔料:百均

NAIL ART シール:百均

NAIL ART ENAMEL:必要に応じて(今回は使用せず):百均
その他:筆先が平らな筆等、塗る為に必要なもの。UVライトか太陽の光。


方法:
_ 3Dプリンターで出力後 UVクラフトレジン液で表面処理をして UV処理をします。
_ UV処理は 紫外線のUV装置か太陽光線でできます。
_ 時間は5分から30分くらいで 硬化具合をみて調整しましょう。
_ 表面の透明度や濃度は 必要に応じて表面処理を繰り返します。
_ UVクラフトレジン液+カラー顔料で色付けの表面処理をして UV処理をします。
_ NAIL ART シールや自前デザインのプリント用紙、手書きを加える。
_ 必要に応じて NAIL ART ENAMEL でいろいろな絵柄や色を付けます。
_ UVクラフトレジン液で透明な表面処理をして UV処理をします。これで終了です。
.
塗り方のポイント:
_ 平らな筆先を45度で面すれすれになでる様に塗ります。
_ 筆先で練り回すと泡が出来てしまいますのでサーと引く様にします。
_ しばらく置くと液事態で表面が平らになります。専門用語でレベリングと言います。
_ 拡大すると太陽の表面みたいに泡が下から吹き出してきます。
_ 半透明や塗りが薄い場合は塗りとUV処理を繰り返します。
_ 泡が出来た時は爪楊枝の先で突いて取り除きます。


ケース横の丸いものは磁石でケースを連結する事ができます。


感想:
_ ヒャッカソンしましょう:百均で材料を探してから次の段階に行きましょう。
_ 3Dプリンタ出力後の後の処理で奇麗になる研磨の道具やオーダーメードがありますが
_ かなりの費用がかかります。今回の方法は 500円くらいで出来ます。

_ ネイル専用のジェルネイル液の方が遥かに早く奇麗に仕上がります。
_ ただし価格が高く小さな子瓶で2000円台。で、特別な理由が無い限り不採用。

_ 百均のUVクラフトレジン液は安いですが 程度(品質)が落ちます。
_ 程度とは 色が鮮やかでないとか種類が少ない、UV硬化に時間がかかるとかです。
_ この条件でも工夫すれば奇麗に安く作る事ができますね。
_ 詳しくは ネイルアートをしている人に聞くのも良い方法です。私はそうしました。
_ ケースの連結機能はアイデア次第で面白いものができるかもしれません。
_ ネイルの世界は進化しています。電子工作と組み合わせると良いものが作れそうです。


Written by macsbug

3月 2, 2016 @ 2:36 am

カテゴリー: ESP8266

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。