macsbug

Just another WordPress.com site

WeMos シールド基板

leave a comment »

WeMosのセンサー付きシールド基板が到着しました。全部で11$です。   2016.03.05

今回は購入メモだけですが、ESP基板の上に乗せて必要な所だけ半田付けする。
あとはUSB接続してスケッチします。ThingSpeakでもなんでも直ぐ使える超簡単さがいい。


スイッチの基板は1個0.99$と安い。そうなると、この基板の部品を外して他のセンサーを
付ければ基板を作る必要がなくなるというアイデアが湧いてきます。
とりあえずは秋月のハサミで切れる基板(70円)を使用して超簡単電子工作ができます。
最も簡単な配線は、スイッチで電源とグランドと信号線の3本で済みます。
I2Cの部品ならば4本の配線で出来る訳です。

ただ、このままではつまらないのとカッコ悪いので、ディスプレーを接続してケースに
入れたくなります。
ケースとスケッチ:WeMosは自動書込回路付きですのでケースに入れたままスケッチを
変更する事ができます。
、、、今回は基板調査の為で製作記事でなくて申し訳ない。


D1 販売状況:AliExpressでのWeMos Electronicという販売業者の「D1 mini」は
2016年3月上旬で3646個の注文がきている。

SuperHouseからは、WeMosシールドが出てきました。

Terminal Shield Prototyping shield Power Shield

Written by macsbug

3月 5, 2016 @ 11:22 am

カテゴリー: ESP8266

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。