macsbug

Just another WordPress.com site

Basis to learn from D1 MINI

leave a comment »

D1 mini の Micro SD Sheeld を試してみました。            2016.03.26


D1 mini wemos / D1_mini_Examples : githubに解りやすいサンプルがあります。

この中にある >04.Shields > Micro_SD_Shield > ReadWrite  を試しました。
いとも簡単に マイクロSD 内へデータの書込みと読み込みができました。
このマイクロSD(FAT32)はマックでそのまま読み書きができました。
それだけですが マイクロSDを簡単に操作出来た事で楽しかった訳です。
使用するGPIOは 基板の裏に書かれており D8,D7,D6,D5 の SPI が接続されています。

他に CardInfo,Datalogger,DumpFile,Files,listfiles のスケッチがあり勉強になります。


できたファイル。


WeMos から販売されている シールド


D1 mini の サンプル スケッチは、Arduinoの様に基本がかかれ 参考になります。
マイクロSDを試す:Micro_SD_Shield の ReadWrite を試しました。
01. Basics:Blink、BlinkWithoutDelay、Fade、HelloWorld、ReadAnalogVoltage
02. Special:CallSDKFunctions、CheckFlashConfig、ConfigFile、EEPROM、Hash、
_    Servo、Ticker、Wire
03. Sensors:BMP180_BMP085、DS18x20_Temperature
04. Shields:1_Button_Shield、DHT_Pro_Shield、DHT_Shield、Micro_SD_Shield
_     Relay_Shield
05. Displays:PCD8544-Nokia-5110-84×48


準備:
1. 右:D1 mini ESP-WROOM-02 with TELEC。前回記事の技適対応のD1 mini。

2. WeMos の Micro SD Sheeld:$1.50

3. ライブラリー:D1_mini_Examples-master 。


サンプル:ReadWrite:サンプルの最低限の所だけ使用しました。SPI接続です。


#include <SPI.h>
#include <SD.h>

const int chipSelect = D8;
const int ledPin = BUILTIN_LED;
File myFile;

void setup(){
  Serial.begin(115200);
  pinMode(ledPin, OUTPUT);
  while (!Serial) {;} 
  Serial.print("Initializing SD card...");
  if (!SD.begin(chipSelect)) {
    Serial.println("initialization failed!");
    return;
  }
  Serial.println("initialization done.");
  myFile = SD.open("test.txt");
  if (myFile) {
    Serial.println("test.txt:");
    while (myFile.available()){Serial.write(myFile.read());}
    myFile.close(); }
    else {Serial.println("error opening test.txt");
  }
}

void loop(){
  myFile = SD.open("test.txt");
  if (myFile) {
    Serial.println("test.txt:");
    while (myFile.available()) {
      Serial.write(myFile.read());
      digitalWrite(ledPin, LOW);   // LED on
    }
    myFile.close(); }
    else {Serial.println("error opening test.txt");
  }
  digitalWrite(ledPin, HIGH);      // LED off
  delay(6000);
}

 


参考:
Schematics:D1 mini 配線図。
D1 mini Shields:D1 mini シールドの一覧。
Micro SD Shield:Micro SD シールドの説明。
MicroSD Shield Schematics:Micro SD シールドの配線図。
Arduino SD Card:Arduino の SD Card。


メモ:
D1 mini の方向は 基板の端に白ドットの印がある。
D1 mini に書かれている D0 〜 D8 の GPIO の名前は スケッチでそのまま使用できる。
_ D1 mini : NodeMCU のピンマッピング で定義されています。
_ TX=GPIO_1, RX=GPIO_3, A0=ADC,
_ D0=GPIO_16, D1=GPIO_5(SCL/I2C), D2=GPIO_4(SDA/I2C),
_ D3=GPIO_0, D4=GPIO_2, D5=GPIO_14(SCK/SPI),
_ D6=GPIO_12(MISO/SPI), D7=GPIO_13MOSI/SPI, D8=GPIO_15(SS/SPI)
ESP-12F基板の LED:GPIO_2 に接続され スケッチは「BUILTIN_LED」で使用できる。
マイクロSD:センサーのデーター保存やSDのデーター送信、大容量が可能になる。


感想:
WeMos :WeMos の充実ぶりは 凄いものがある。
_ 販売先との連携、価格の安さ、周辺シールド、そして低価格、FAQもある。
_ サイト内の説明は 基本が丁寧に書かれて驚くほど充実している。
_ 配線図 や Fritzing 、GitHub(ここに集結されている) も用意され 充実している。
_ これ程まで充実したサイトは Arduino.cc 以外には見受けられなかった。
_
_ 戦略を感じる相当な手の入れようである。いったい WeMos とは?と考えてしまう程。
_ WiFi内蔵の優位と小型と低価格を武器に Arduino陣営を飲み込む勢いでもある。

_ 電子工作の基本である「直ぐ動く」が徹底して実現している。
_ 購入して D1 mini に シールドを付け USBに接続してサンプルが直ぐ動く
_ という仕組みがほぼ完璧に仕上がっている。

: 投稿時にAliExpressのWeMos Electronicに注文したD1 mini が 10個到着(TAT=25日)。
_ 今回は注文殺到か25日かかる。$41.44 で 本日のドル換算で1個469円。
_ ebay からも販売が始まり調査の為の注文も同日に到着。こちらは5日で届いた。
_ 既にシールド関係は入手済み。その後発売になったOLEDProtBoard を注文中。
_ 既に OLED 128×64 は 10個購入済み。
_ 技適化は 既に ESP-WROOM-02 with TELECを入手済み。

 


Written by macsbug

3月 26, 2016 @ 6:00 am

カテゴリー: ESP8266

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。