macsbug

Just another WordPress.com site

Archive for 4月 2017

WeMos LoLin32 V1.0.0

leave a comment »

WEMOS CC Store から「LOLIN32」が 4月20日に販売開始されました。      2017.04.21

1個送料込 947円。$8.66 ( $6.90 + Tax $1.76 )


.
1. 36pin:16pinhead + 20pinhead 付き。
2. バッテリー用コネクター。
_ リチウムバッテリーインタフェース、500ma最大充電電流
3. シリアル変換:CP2104
4. AUTO PROGRAM 回路内蔵。
5. 部品点数:33
6. ブレッドボード両脇に1列空く幅。
7. GPIO 6 , 7, 8, 9, 10, 11
_ FLASH SCK, D0, D1, D2, D3, CMD は PIN端子 に引き出されていません。
8. Dimensions – 5.8 x 2.54 cm

参考:
WEMOS Electronics:LOLIN32


.
感想:
1. バッテリー用コネクターは 助かります。
2. ピンヘッダー付きで、ハンダ付けされていないのは 助かります。
3. I2C の VCC, GND, SCL, SDA のピン配置が無く 残念です。
4. ピン端子のハンダ面は横長にし ピン番号のシルク印刷は ピン間へ印刷したのが上手。
_ ピンのシルク印刷は両面あり便利です。
5. 難しい回路でも無いが これだけ販売が遅くなった理由が解りません。
6. 前回の Lolin32 は 採用されなかった物と思われますね。

Written by macsbug

4月 21, 2017 at 10:54 am

カテゴリー: ESP32

Lolin32

leave a comment »

Arduino IDE の ESP32ボード選択にある「Lolin32」の製品が販売されました。  2017.04.18

ボード登録は 2016年11月16日に追加されましたが製品は出てきませんでした。

価格:送料込 921円。 $8.45 ($6.80 + Tax $1.65) です。
販売:本家 WeMos では販売されておらず Aliexpress「Lily GO」と
_   「Seatechnolgy Store」と「FACE-TO-FACE Electronic」からです。
名称:「Lolin ESP32 wemos ESP32 WiFi Modules」です。


.
仕様:
_ サイズ:WeMosシリーズと同じく小型化されています。
_ AUTO PROGRAM 回路内蔵。
_ シリアル変換:CP21XX を採用。
_ LDO:AMS1117-3.3 の様に見えます。
_ 端子:14ピン。他のピンは 引き出されておらず このままでは使用できません。
_  SVP, SVN, 0, 2, 14, 12, 13, 15, TXD, RXD, 3V, 5V, GND, GND。
  


.
同時にOLED付き基板 も販売され 価格は 1148円。$10.53 ($8.88 + $1.65) です。


.
感想:
_ 価格:この程度の配線と部品点数から 高いです。

_ 設計:端子配列をどうするか興味津々でしたが 14ピンに収めたのですね。
_    GPIOの使用が 5ピン程度なら このピン数で間に合うかも知れません。
_    FTDI は D1 mini pro と同じく CP21xx の様です。 ESP32 では D1 mini
_    に使用していた CH340G は 使用できないので 当然かと思います。
_    この端子数が少ない為に使用が限定されます。

_ 販売:今頃 販売された事に驚いています。この程度の基板は簡単ですから
_    恐らく 2016年には 既に出来ていて 以前からあった様に思えます。
_    最強の製品を出すのかと期待していましたが そうではありませんでした。

_ 何故:何故 WeMos から販売されていないのか不明です。本物かパチモンか解らず。
_    設計製作はしたものの販売はやめて、それを他の業者が販売した様にも見えます。
_    そういえば スイッチサイエンスの 設計ミスの ESPr® Developer rev2 が未だに
_    Aliexpress の コピー業者から販売されていますね。
_    又、小型化の為に 14ピンにしたとも思われますが 他のピンが使用できず ESP32
_    の 利点が反映されず中途半端な設計です。
_    ESP32 Adapter Board の様に全てのピンを出して USB + FTDI + AUTO 回路を
_    付ければ 小型の最強版ができると思っています。
_    

_ 追記:2016.04.21 その後 WeMos CC Store から Wemos LOLIN32 V1.0.0 が販売されました。
_    結果、「Lolin ESP32 wemos ESP32 WiFi Modules」は 本来の製品ではなかった
_    事になり、想像するに 余った物が販売されていると言うことでしょうか。

_ 現品:調査の為に注文しておきました。

Written by macsbug

4月 18, 2017 at 10:59 pm

カテゴリー: ESP32

ESP-WROOM-32 Breakout by Magic Pot

with 2 comments

魔法の大鍋 氏 設計製作:ESP-WROOM-32 Breakout v2 r6。     2016.03.31

魔法の大鍋 氏 が ESP-WROOM-32 Breakout を設計・製作し完成しました。
購入しましたので ここに ご紹介させて頂きます。

Make Faire Tokyo等で「超小型ドローン」を展示し各社の開発陣に販売する程の
「魔法の大鍋」氏が microSD付の ESP-WROOM-32 の 両面実装ブレイクアウト
ボードを設計し完成!。氏は多層基板や超小型部品の基板も製作できる方です。


.
特徴:
_ ブレッドボードに刺した際に左右に1列ずつ空きができる。
_ 部品は秋月電子&千石電商にて全て購入可能(0603/0805サイズを基本とし
_  総部品点数42点で 実装時間は約30-40分位)。
_  例:LDO は 図面では ADP3338 ですが 実装は AZ1086H-3.3(EH86D) です。
_ USB-Serial変換モジュール:FT231XS-R は最も安定した FTDI を採用。
_  例として CP2102 は 長時間モニターすると途切れる時がある。
_ オートリセット回路搭載。
_ MicroSDカードスロット。HS1 仕様です。
_  SD回路は SDの為の切り替え回路 を追加し SDの問題 を解決済みです。
_  問題とは SD を HS1アクセス 使用時に GPIO12 や MODE端子を使用する為に
_  アクセスが出来なくなります。この為に切り替え回路が必要となり 回路が追加
_  され 正常に動作させる事ができます。
_  SD操作は 3つの方法があります:
_   1:SPIモード接続。速度は遅い。
_   2:SDIO接続 HS1アクセス。この基板で使用している方法。
_   3:SDIO接続 HS2アクセス。基本的な問題があり使用できない。


.
SD 動作確認 : SDMMC の確認。
_ ライブラリにある SDMMC のサンプルを実施します。
_ 
_ 結果:SD の中に以下のファイルができます。
_ 
_ シリアル出力の結果。

…
Writing file: /hello.txt
File written
Appending to file: /hello.txt
Message appended
Reading file: /hello.txt
Read from file: Hello World!
Deleting file: /foo.txt
File deleted
Renaming file /hello.txt to /foo.txt
File renamed
Reading file: /foo.txt
Read from file: Hello World!
1048576 bytes read for 1144 ms
1048576 bytes written for 8137 ms

.
詳細は ブログ「魔法の大鍋」を参照願います。
魔法の大鍋:ESP-WROOM-32 専用ページ ( 配布可能となっています)
追記:
Hacking My Way ~ itogのhack日記:ESP32 breakout boardでLチカ!


.
メモ:
ピン位置:
_ ピン配置は 理想的ではありませんが espressif のボードと同じにしたとの事。

電源:LDOの容量。
_ ESP32 は 起動時とWiFi使用時に 最低でも 800mA は必要です。
_ ESP8266 では 170mA(200mA) でしたが ESP32 は 230mA(500mA) になります。
_ LDO は ADP3338AKC-3.3-RL 又は ADP3338AKCZ-3.3-RL に変更可能です。

ESP32 Ground Pad:Ground Pad は重要です。

Sensor:センサー使用時は電源ノイズを取り除く為に GND にもフェライトが必要です。

SD:
_ GPIO 2, 4, 12, 13, 14, 15 を使用します。この中に Mode 端子が含まれます。
_ Mode 端子対応の為に 切り替え回路が必要になります。
_ オンメモリー520KB と共に 4K, 8K 単位に行われます。
_ esp-idf 内にある Codeを使用しています。

GPIO 0:”1″ にする事。
_ 2つの機能。
_ 1. シリアルプログラミングの起動時にLOWになる。
_ 2. EMAC機能ブロックのクロック入力です。

GPIO 12:3.3V と 1.8V の動作があります。
_ この電圧を間違えると動作しなくなり 復帰には Mode 端子を使う必要がでてきます。
_ ESP32 Pin List Version 2.2 Copyright @ 2017:Strapping Pins

価格:
_ 極小チップを使用するならば片面で済み安く作れます。
_ 条件として この大きさにする為に両面部品配置が必要となる事と、
_ 個人レベルで自作できる様にチップ部品は 0603/0805サイズ を採用。
_ その為に裏面も部品配置が必要になりました。
_ 両面部品配置の基板は通常の2倍ですので高くなりました。

一般の販売:基板到着が遅れている為に 5月になるかとの事です。


.
感想:
本体と基板を注文し支払い翌日に到着しました。丁寧な「魔法の大鍋」氏に感謝!

封を空けると回路図が同封されていました。この回路図を見て感激しました。
回路図や部品実装からは 学ぶ事が多くあり 回路図を何度も見ています。
回路や部品レイアウト、シルク印刷は 練りに練った内容です。

「魔法の大鍋」さん、設計 製作 ご苦労様でした。又 Make Tokyoでお会いしたく思っています。


Written by macsbug

4月 3, 2017 at 3:18 pm

カテゴリー: ESP32