macsbug

Just another WordPress.com site

Expansion connector of M5STACK

leave a comment »

M5STACK の拡張コネクターを作りました。             2018,.01.09

オスピン と メスピン を作り M5STACK のコネクターにピッタリ入ります。
インターフェースのピンは M5STACKの内側に刺して使用します。
インターフェースの種類によりコネクターの基板側に配線をします。
使用例は Audio Spectrum Display with M5STACK を参考してください。
これで長時間の試験後に インターフェースを Proto Module に組み込むと良いかと思います。

 


販売:
M5STACK の拡張は 以下の3つが販売されています。特に Proto Module
直ぐ使用でき便利です。 デザインは素晴らしく綺麗に仕上がります。
ケースには 幾つかの 穴 や切り欠き があり ワイヤーを外部に出す時に
便利です。 空気穴 もあり 環境センサーを使用する時に効果があり
各所に決め細かな配慮がされています。

1. Proto Module:$9.99
2. PROT Board  :$2.50
3. 2×15 Pin Headers Socket 2.54mm Male & Female:$10.00 / 4ea


製作したコネクター:



身近な部品を使用しました。


準備:

No Nomen Link  Price
1  切れる基板
_ 0.3mm厚
_ 両面スルーホール
_ ユニバーサル基板
 秋月電子通商  60円
2  ピンソケット(メス)
_ 1×14 ( 14p )
 秋月電子通商     50円
3  細ピンソヘッダ
_ 1×14 ( 14p )
 秋月電子通商     35円
4  ピンソケット(メス)
_ 1×8 ( 8P )
 秋月電子通商    30円
4  ProtoBoard Shield
. 8p Female pin socket
. 8p male pin socket
 Aliexpress
. GREATZT
. $0.43
   112円
/ 6個

 


書き込めない時 や Timed out エラーの 対策:
問題無し:マックでは 書込みに問題は無く エラーはありません。
問題あり:この装置に限らず Windows では 多くの製品で 機種やOSのバージョンに
_ より動作しない製品が多い話を聞いており この事を理解しておく必要があります。
_ オシロスコープで AUTO PROG回路を測定し波形分析すれば問題点が明らかに
_ なります。恐らくAUTO PROG回路の書込みのタイミングに対し Windows 側が
_ 把握していないからだと想像します。
_ 波形を分析すれば解る事ですが この分析をした記事はまだ見かけていません。
_ この事をせず コンデンサーを追加するというレベルになっているのが多いです。

書き込みエラー や Timeout のメッセージがでる人がいるようです。
ハード的な解決方法として RSTとGND間に 起動用のコンデンサーを追加します。

M5STACK のRST(EN) には ESPの基本設計である 1nF が 回路に入っています。
簡単な方法は RSTとGND間に100pF 又は 0.1μF を追加するとよいでしょう。
他の原因:
_ ある時 書き込めたのでエラーかと思ったら USB Driver を入れ忘れていた。
_ CP2104 Driver のバージョンによる。
_ USB-C コネクター や ケーブルの不良。
_ 電源供給の無いUSBハブを使用している。
_ PC側の設定:開発環境のセットアップの間違い。
_ 古い esptool を使用している。現在は ver 2.1 でリトライ機能があります。
_ Arduino – ESP32 の最新版は、1回目のコンパイル書込みで必ず失敗する。
_ Arduino IDE の Serial Monitor の表示を使用している。
_ Arduino IDE の Board 選択を M5stack-Core-ESP32 にしていない。
_ 信号を解析せず 大きなコンデンサーを付けている。
_ SH2017の例:中国製の偽物の CP2102 を使用した場合。保護DIODE無く
_  USB切断時によるスパイクはESP32をリセットする。
_  HACKAY Aug 14,2017 :HANDS ON WITH THE SHACAMP 2017 BADGE


ピン に Tip Capacitor 100nF と 0.1μF を取り付け 2種類作りました。
ピンを曲げて Capacitor をハンダ付けしますので Wire は不要です。

M5 CONNECTOR の GND — RST 間に装着します。外から操作するので簡単です。

M5Stack twitter 情報:2018.01.09
Simple Fix Core Upload Fails:
_ Downgrade the cp2104 driver, or Add a 2.2uf Cap between RST and GND.
_ For units which already sold, here is the solution for upload fails.
_ The upload failure issue will be solved in future manufactured units.

事例:matsujirushi’s blog:M5StackのTimed outエラー対策


感想:
Proto Module を購入すれば よいですが、ちょっと下準備や試したい時
最終的にケースをどうするか考ている時 費用を安く済ませたい時に
自作コネクターで良いかもも知れません。
理想的には Proto Module  を低価格で販売して欲しいです。そうすれば
多くの方が 多くの作品を作る事ができ M5STACK が盛り上がります。

書き込めない問題:逆にプロテクションになるかもしれません。


広告

Written by macsbug

1月 9, 2018 @ 10:46 am

カテゴリー: ESP32, M5STACK

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。