macsbug

Just another WordPress.com site

Repair M5STACK Power Switch

leave a comment »

M5STACK の Power Switch 修理方法              2018.06.05

M5STACK の Power Switch が取れてしまう事があります。
小さなスイッチ1つの故障で 高価な M5STACK が使えなくなります。
部品を交換する修理する方法をまとめました。
部品費は 1個 14円から 41円程度です。

故障の原因:
_ スイッチカバーとスイッチの間の隙間により スイッチカバーが斜めに
_ なります。そのまま押すと、基板のスイッチが斜めに押され
_ 無理な力が加わる事により ハンダが剥がれ部品が取れる 為です。

部品の再使用:
スイッチが取れて 形状が良い場合と テスターでスイッチの ON / OF が良い場合は
スイッチの取り付けだけで済む場合があります。


準備:
1. Power Switch 購入:WIN ELEC-TECH CO.,LTD Store
Switch Nomen:3X4mm 4Pin Push Button Switch Side Push
Switch No:TS-1286VE-4
Switch Size:2.9 x 3.5
販売:Aliexpress : WIN ELEC-TECH CO.,LTD  :  TS-1286VE-4
価格:1個 14円。( 10個 $1.25 )
輸送期間:22日

1. Power Switch 購入:Happy&lucky gift house Store
Switch Nomen:Little Turtle legs side by touch switch button switch
Switch No:?
Switch Size:2.9 x 3.5
販売:Aliexpress : Happy&lucky gift house  :  ?
価格:1個 41円。( 10個 $3.71 )
輸送期間:9日

部品の確認:
_ サイズを確認してください。
_ テスターで スイッチの ON / OFF を確認してください。

2. ハンダゴテ:半田ごての先は ランド(ハンダ面) より小さい物を使用します。
3. その他、ソルダータオル(ハンダ吸い取り)、ピンセット、細いカッターナイフ。


以下の手順等は 各自の責任で行ってください。この記事は 私の備忘録です。

修理手順:
0. 基板を外す:全体を分解し基板だけにします。この分解は非常に難解です。
1. 六角のネジを外します。
2. スピーカーのワイヤーを少し抜きます。
_ ワーヤーが切れない様に無理にワイヤーを引っ張らない事。
3. スピーカーを抜きます。基板を移動できる隙間が出来ます。
4. 基板を左にずらして 固定している場所をずらし LOCK を外します。
5. 基板上側を上に少し持ち上げ 基板をケースから僅か上に外します
_ この持ち上がる場所は ほんの僅かの場所で なかなか外す事が難しいです。
_ TFT のフレキシブルワーヤーが裏にあり 無理に力を加えると切れますので要注意。
注意;全体に力を加えない事。ワーヤーや部品が壊れてしまう力を想像してください。
注意;ピンセット等の金属を使用する時は 金属の先で チップ部品を破損しない事。
注意;チップ部品や曲がる恐れのある部品に 力 を加えて基板を外さない事。

部品の取り外し:
部品が上記画像の様に綺麗に取れてしまえば、容易ですが、部品の一部が基板に残ったり
基板のパターンが剥がれていると難解になります。

部品が綺麗に取れている場合は 基板上に残ったハンダをハンダタオルで綺麗に取ります。
注意;基板に力を加えない事。

部品の一部が基板についている場合。
画像左側のハンダを溶かしながら ピンをカッターナイフ等の薄い金属で上に持ち上げます。
注意;基板のパターンに力を加えない事。
画像左側には 小さな抵抗があり 熱や力を加えない事。

部品を取りパターンのハンダを綺麗にします。
他の汚れも綺麗にします。アルコール等で綺麗にしてください。

部品の取り付け:
部品は基板の2つの穴に合わせて位置を決めます。少し余裕がありますので
基板の外側に寄せます。これは スイッチカバーとの隙間を少なくする為です。
スイッチの押す部分とスイッチのカバーが揃うと カバーとのズレが無くなり
スイッチの感触が良くなる事と 故障も無くなります。

位置が決まりましたら 何らかの方法で固定する様にしてください。
ハンダ面より細いハンダとハンダ小手先で短時間(0.5秒以内)にハンダを付けます。
この時、ハンダの量は極力少なくしてください。端子にハンダが丸くなる程乗せない事。
ハンダ後は アルコール等で綺麗にする事。破損した部品が無いか目視点検してください。

基板の組み立て:
分解の逆の手順で組み上げてください。くれぐれも力を加えないでください。


感想:
友人の M5STACK のスイッチが取れた為、上記の手順で交換しました。
自分の M5STACK のスイッチも取れた為、上記の手順で交換しました。
スイッチの端子をハンダで外す時は 力を加えず パターンを剥がさない様にする為に
_ かなり緊張しました。
部品取り付け時も 隣の抵抗を破損する近距離にある為に かなり緊張しました。
部品の購入について:その後 個数の記憶の曖昧もあり 注文時に確認してください。
M5STACK の Power Switch は モバイル用のスイッチを使用しています。
ESP32 に於いて Power Switch による ON / OFF は初めて採用された回路です。
_ この動作理論を調べると面白いかと思います。
不具合対策:スイッチカバーとスイッチの隙間をゼロにすると良いです。
_ ハンダ部への斜めの力が無くなり 取れ難くなります。
_ さらに スイッチの感触が良くなります。


広告

Written by macsbug

6月 5, 2018 @ 5:00 pm

カテゴリー: ESP32, M5STACK

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。