macsbug

Just another WordPress.com site

Low price Battery Module of M5STACK

leave a comment »

340円で出来る
M5STACK用 電源スイッチ付 1300mAh Battery Module を作りました。 2018.06.23

容量のあるバッテリーが 常に装備されると 何かと便利になります。
電源スイッチ付き ですので 未使用時でもバッテリーは消耗しません。
M5STACK 本体側に接続し 後部にセンサー等の配置が自由に行えます。
M5STACK Store で販売されている PROT Module をスタックする事ができます。


費用について:

中古バッテリー総計:333円 = 80 + 19 + 3 + 11 + 120 + 100。

新品バッテリー総計:883円 = 80 + 19 + 3 + 11 + 120 + 660。


バッテリーについて:

使用する バッテリは CASIO NP-40 (生産終了品)です。
規格:3.7V、 1300mAh ( or 1230mAh )、 縦 38.2 x 横 37.8 mm 。
中古のバッテリーは 100円から200円で 総計 333円 です。
新品のバッテリーは ロワジャパン製で 660円で 総計 883円 です。
_ ロワジャパン : CASIO カシオ NP-40 互換 バッテリー CNP-40 : 1300mAh
注意:バッテリーは 並列接続しては いけません。
_ M5 の Battery Module や 裏蓋内にある バッテリー との並列接続は
_ してはいけません。理由:片側のバッテリーが消耗している場合
_ バッテリーからバッテリーへ電流が流れ 発熱や焼損の原因になります。

参考:Make a battery module for M5STACK:前回の Battery Module 製作記事です。


購入リスト:

No Nomen Purchase Price
1  ロープロファイルピンソケット
(低メス) 2×15 (30P) 5.7mm
 秋月電子通商:
ロープロファイルピンソケット
(低メス) 2×15 (30P) 5.7mm
80円
2  JST 1.25mm Connector  Aliexpress:Micro JST 1.25mm 2P 2-Pin Male Connector with Wire +Female Plug 20sets 19円
3  26AWG 7.8cm Wire  Aliexpress:50pcs pcb solder cable 26AWG 7.8cm Fly jumper wire cable   3円
4  SLIDE SWITCH  Aliexpress:100pcs 3 Pin PCB 2 Position DPDT 1P2T SMD SMT Vertical Slide Switch 11円
5  BATTERY MODULE CASE  自作・材料費 120円
6  BATTERY  秋葉原:杉本ビル ガレージショップ 100円
=  =======================  ============================== ======
. 費用総計  NP-40 中古品使用 333円
. 参考  NP-40 新品使用 883円

 


部品詳細:

1. ロープロファイルピンソケット (低メス) 2×15 (30P) 5.7mm:2個 ¥80 ( 1個 ¥40 )
秋月電子通商。


_ M-BUS コネクターの高さについて:
_  M5STACK は 小型化する為に 低いコネクターを採用しました。
_  この為 他のコネクターを接続し スタック出来ない事になります。
_  M5STACK の M-BUS コネクターの高さに合わせる 方法は
_  秋月電子通商で販売の ロープロファイルピンソケット (低メス) 2×15 (30P) 5.7mm
_  を 縦に2個接続 ( 5.7 x 2 = 11.4 mm ) する方法です。
_  M5 PROT CASE の高さは 6.5mm ですが 11mm になります。

2. JST 1.25mm Connector:1個 ¥19  ( $0.17 ):M5 BAT端子へ接続するコネクターです。
Aliexpress:Micro JST 1.25mm 2P 2-Pin Male Connector with Wire +Female Plug 20sets
_ 規格:Micro JST 1.25mm。

3. 26AWG 7.8cm Wire:1個 ¥3  ( $0.0194 )
Aliexpress:50pcs pcb solder cable 26AWG 7.8cm Fly jumper wire cable

4. SLIDE SWITCH:1個 ¥11  (  $0.10 ):電源スイッチです。
Aliexpress:100pcs 3 Pin PCB 2 Position DPDT 1P2T SMD SMT Vertical Slide Switch
_ このスイッチは WEMOS LOLIN32 に使用されている 基板用スイッチです。

5. BATTERY MODULE CASE:1個 120円  ( 12g ):材料代のみ。
_ CAD 及び 3D PRINTER で製作しました。高さは 11mm です。
_ 左の隙間は M-BUS用です。右上の 凹 は スイッチを取り付けます。
_ ケースを希望される方は Yahoo LODGE や Arduino 、M5STACK 等の
_ 集まり時に お渡し出来るかと思っています。

6. BATTERY:1個 100円。
NP-40 BATTERY : 秋葉原 杉本ビル ガレージショップ:中古カメラバッテリー
_ 通常1個 ¥200 ですが 10個とか まとめ買いで お姉さんに頼むと安くなります。
_ 他にバッテリーは沢山ありますが NP-40 だけを箱にまとめて 頂いています。
_ 新品は ロワジャパン CNP-40 があります。1個 660円。


配線:配線は3本のみです。
_ ⭕ 重要 :JST 1.25mm コネクターピンの + と – を入れ替えます。
_       ピンは細いピンセットの先でコネクターのロックを外して取ります。

_ 🔴 要注意:M5STACK の BATコネクターの極性は M-BUS 側が + ( Plus ) です。
_       市販されているワイヤー付き JST 1.25mmコネクターは M5STACK
_       とは 逆の配置です。何度も確認してください。

_ JST 1.25mm Connector + の 赤線 を SLIDE SWITCHへ ハンダ付けします。
_  + 赤線は そのままの長さで配線します。
_ JST 1.25mm Connector –  の 黒線 を BATTERY – へ ハンダ付けします。
_  GND線は 適した長さに切ります。
_ 26AWG 7.8cm Wire を SLIDE SWITCH と BATTERY + に ハンダ付けします。
_  ワイヤー は そのままの長さで 配線します。


組み立て:

重要な確認事項:
_ JSTコネクター を M5 BAT コネクターに 接続する前に 必ず テスターで
_ 電圧の極性を確認してください。再確認は電源接続の基本です。
_ M5STACK 側の BAT コネクターの + と – の位置を確認してください。
_ 下の画像にある M5 BAT コネクターの左側が + ( plus ) です。
_ + – が 逆ですと 高価な M5STACK が壊れます。
_ くれぐれも 自己責任でお願い致します。

_ M5STACK M-BUS に ロープロファイルピンソケット(低メス)
_  2×15 (30P) 5.7mm を 縦に2個接続します。

_ BATTERY の取り付けは SWITCH 側に寄せて SWITCH を固定します。
_  両面テープでケースに止めます。


HEX SCREW SIZE:上記の製作では 六角スクリューの長さは 30mm となります。
_  六角スクリューが 無い場合は 秋葉原・西川電子部品に + 30mm ネジがあります。


感想:

バッテリー容量:
_ M5の裏蓋にあるバッテリーは 150mAh で容量は少ないです。
_ Battery Module ( $18.90 ) は 850mAh で これも不足気味です。
_ PROT CASE の内部で試用できる厚さは 5.7mm ( 6.5 – 0.8 mm:PCB) です。
_ このサイズに入る BATTERY は 850mAh になります。

_ 同じ縦横サイズで 1800mAh の物がありますが、厚さが 6.6mm で
_ PROT CASE には 入りません。
_ 1800mAh は ebay にて 365円で販売されています。輸送期間は 8日です。
_ このバッテリーを使用した製作は 後日 行う予定です。

国内価格:
_ スイッチサイエンスの M5Stack用電池モジュール は 2190円 と高いです。
_ 約340円で出来ますので 6個程作れる事になります。

バッテリーと配線方法:
_ バッテリーは ワイヤーをハンダ付けしました。
_ 他の方法として POD PIN を使用する方法があり、バッテリーを抜き差し
_ する事ができます。この方法は 課題として検討中です。

CAD データー:
_ CAD のデーターは 使用するプリンターによって異なります。
_ 特に M5STACK は 小型の為に 精度の低いプリンターでは 作る事が
_ 出来ない部分があります。
_ そのノウハウを踏まえ 今回のケースを作りました。


広告

Written by macsbug

6月 23, 2018 @ 7:00 pm

カテゴリー: ESP32, M5STACK

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。