macsbug

Make M5STACK PROTO CASE

leave a comment »

3D CAD で M5STACK の PROTO CASE を作るポイント。  2018.07.26


構成:

4つの部品で構成されています。

1. TOP ( 紫色 )

2. SCREW GUIDE ( 緑色 )

3. FRAME ( 青色 )

4. BOTTOM ( 赤色 )

View from the side

作成:以下の4個の部品を組み合わせて作成します。

FRAME :

外形サイズ:54 x 54 mm

高さ:6.5mm

角 :5R ( 5mm の半径 )

TOP:凸

幅 :0.5mm

高さ:1.0mm

横 :10mm

縦 :  7mm

SCREW GUIDE

内側:M2 ,  2.0mm

高さ:4mm

BOTTOM:凹

幅 :1.0mm

高さ:1.0mm

横 :11mm

縦 :  8mm


感想:
1.  3D CAD は 何度か経験すると完成度が高くなります。
_ 噛み合わせの部分は 通常 0.5mm の隙間を空けると良いです。
_ 精度の良いプリンターならば 0.3mm の隙間で良いです。

2.  プリンターによって精度が異なりますので 精度を考慮して図面を書きます。

3.  Screw の穴のサイズは プリンターの出力に合わせ大きさを決めます。
_ 最初に幾つかのサイズを出力し ネジを入れて最適な大きさを調べます。
_ 例として M2 (2.0mm) ならば 2.1mm の径になります。
_ Screw がしっかり かみ込む事と 割れない事 抜けない大きさです。

4.  この基本のケースから多種類が簡単に出来るかと思います。

5.  female connector L型ピンを使用するとケースの高さが制約されます。
_ 対策は female connector のハンダ部をスルーホールにする事です。
_ ストレートピンのfemale connector を使用する事で 好みのサイズの
_ コネクターを使用できる事になります。その時 ケースの高さは
_ 計算式:ケースの高さ = Female Connectorの高さ + 4.2 mm となります。

6.  M5STACK のサイズ:Arduino とほぼ同じサイズなのですね。


Written by macsbug

7月 26, 2018 @ 9:00 am

カテゴリー: M5STACK, Uncategorized

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。