macsbug

Just another WordPress.com site

M5STACK Domestic sales parts information

with 3 comments

M5STACK 国内販売 部品情報 その1:                 2018.09.06

M5Stack用ユニバーサル基板キット が販売され 製品の情報を以下に記載します。

M5Stack用ユニバーサル基板キット:スイッチサイエンス委託品。
公開日:2018年9月5日。
価格:2650円 ( 2500 + 150 ) 。オリジナルの価格より高い。( 最安値:2282円 )。
品質:はめ込みの 赤い凸部が 不完全。
表示:凸部を見せない 販売画像。
制作者:WinDesign
最安値:2個(2282円)($9.90:1個1141円 ):AliExpress : Your Cee Store
_   換算:1 JPY = 0.00867337 USD

製作者のブログに 「自作のフレーム(14mm、6.5mm)とスペーサ(4.1mm)は、
_ 手持ちの3Dプリンタで出力したものになります。(あまり精度は高くありません。
_ オマケ程度とお考え下さい。色も、写真では赤ですが変更になる場合があります。)
_ 」と書かれています。


はめ込みの 凸部について:
_ 目的:ケースを固定する為にあり 重要な場所です。
_ 基本:幅は 0.5mm で 高さは PROTO 基板と同じ ( 0.8 – 1.0 mm ) です。
_ 品質:通常の 3D プリンターでは 0.5mm 幅は出力出来ず 製作出来ません。
_ 対策:0.5mm 幅 を出力できる高精度のプリンターを使用します。
_     プリンターの精度をわきまえて基盤を再設計します。




他の作品:

1. DMM.make:M5STACK_ボトムケース.stl:972円。(高いです)
_ 噛み合わせの為の 凸部が無いため、ケースに固定出来ないです。

2. Thingiverse:M5Stack
_ 殆どのデーターに 噛み合わせの為の 凸部がありません。
_ 凸部が有っても 適合するプリンタの装置名が書かれていません。

3. PartsandCircuits/M5Stack-3DPrintFiles
_ 噛み合わせの為の 凸部の無い物が多いです。
_ この中で PartsandCircuits にある Oscilloscope Case (Macsbug)
_ のデーターは 凸部のある STL, DWG があります。
_ DWG は 編集が出来ますので参考にしてください。


感想:
粗悪品です。
このような 低品質の製品を扱う 業者があります。
商品ですから 品質の良い物を製作し販売して欲しいです。
製作費用:これまでの検討結果から 1個 300 〜 500円で出来ます。
対策方法も加え 情報として記載しました。


広告

Written by macsbug

9月 6, 2018 @ 7:59 am

カテゴリー: M5STACK

コメント / トラックバック3件

Subscribe to comments with RSS.

  1. 完成度の高いものを見つかりました。
    https://github.com/xoseperez/m5stack-rfm95/tree/master/enclosure
    SCADファイルもありますので、OpenSCADで高さなど簡単に編集できます。(側面の丸い穴も、OpenSCADで該当の行をコメントアウトすればなくなります。)
    あとは正確にプリントアウトできる3Dプリンターがあればの話です。

    vivianmrr

    9月 10, 2018 at 12:18 am

    • vivianmrr さん、調べて頂きありがとうございます。図面は綺麗にできており凸部もあります。
      M5STACKを綺麗に仕上げる記事や話が少ない中で助かります。
      以下に xoseperez氏の github があります。
      xoseperez/m5stack-rfm95:https://github.com/xoseperez/m5stack-rfm95
      氏の完成度の高い図面から出力された画像がありますが 出力の画像は 凸部を見る事ができません。
      図面は精通されていますが 高精度のプリンターが無かった様に解釈しています。
      横からの画像を見ると 積層プリンターでは 精度の良い方の様に見えます。
      さらに 以下の記事があります。
      Tinkerman:M5Stack node for The Things Network:http://tinkerman.cat/m5stack-node-things-network/
      細かく検討されており 2×15 pin が無く 手持ちのコネクターを使用したとあり苦労されています。
      使用プリンターは不明で 画像には OpenSCADの図面から出力された画像があり凸部があります。
      ただし 下側は半分欠けている事や右側は 削れており綺麗にできていません。
      海外でも苦労されていますが 凸部が綺麗に出来た画像は 無い感じです。
      つまり CADで細かな図面は書けても 出力する精度の良いプリンターが無いのが現状の様です。
      精度とは 縦のピッチ幅もありますが 問題はノズル幅です。

      OpenSCAD:私の方で問題であったのは 2つ。
      1: OpenSCADデーターは 使用CADのデーターに変換出来ず 利用出来ませんでした。
      2: 現在のCADに慣れており OpenSCAD を習熟する必要があり なかなか時間が取れません。
      CAD を使用すると この問題がつきまといます。

      M5STack Community で PROTO CAD の件が書かれているのは以下です。
      下のリンク先の図面は 凸部があります。ただし FreeCADですので使用のCADでは読めません。
      M5Stack Proto CAD Data (FreeCAD)
      http://forum.m5stack.com/topic/252/m5stack-proto-cad-data-freecad

      結果:
      良い図面があっても使用CADで読めない。
      精度の良いプリンターを使用しないと図面通りにできない。
      現在、使用するプリンターに会わせて CAD図面を作成しています。
      例として 会費制の使用プリンターでは 260万のUprint ( 完璧ではない ) 、
      1400万のObjet (図面通りに完璧) の機材を使用し希望の出力を得ています。

      macsbug

      9月 10, 2018 at 4:20 pm

      • macsbug様、
        M5Stack Proto CAD Data (FreeCAD)
        http://forum.m5stack.com/topic/252/m5stack-proto-cad-data-freecad
        のリンクありがとうございます。
        今度xoseperezさんのケースと一緒にプリントアウトして比べてみます。

        私はWindowsとLinuxを使用しており、FreeCAD及びOpenSCADともインストール済み、問題なく起動できます。ただ自分の勉強不足でまだまだ使いこなしていなく、簡単なデザインや修正しかできません。

        私は高額な3Dプリンターを使用できませんので、安いプリンターが正確にプリントアウトできるように調整するしかありません。よい結果があればお知らせします。

        vivianmrr

        9月 10, 2018 at 5:06 pm


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。