macsbug

M-BUS Expander module for M5Stack

leave a comment »

M5Stack の M-BUS Expander module を製作しました。             2018.10.21

費用は 400円です。
M-BUS Expander module は M-BUS 信号を横から引き出し
インターフェースを容易に接続する事が出来ます。
部品は 国内で購入できますので 入手や製作が容易です。

用途に応じてインターフェースを交換でき M5Stack が1台で済みます。
インターフェースの使用例として JOYSTICK の費用は 505円です。


使用例:
1. JOYSTICK ( 505円 )

2. BLED BOARD  ( 471円 )

3. ARDUINO USB HOST Shield ( 1112円 )

4. FPGA KIT ( 2226円 ):参考:うろうろ電子工作:EP2C5T144+ESP-32


部品表:M-BUS Expander module

No Nomen Purchase Price
1  ピンヘッダ(male,H=7.7mm)  秋月電子通商:低オス 2 x 40 , 1/2   25円
2  M2 5mm ナベTapping Screw  秋葉原・西川電子部品株式会社 : 4個     6円
3  ユニバーサル基板(tomorrow56)  自作:
. PROTO module of M5Stack Part 2
100円
4  PROTO FLAME:H=8.3mm  自作:
. PROTO module of M5Stack Part 2
  70円
5  L型ピンソケット(メス型) 2×15  秋月電子通商:2 x 15 ( 30P )   60円
6  PROTO REAR COVER  自作:   80円
7  M3 SCREW 2個   25円
====================== ========================= ======
 費用総計 366円

PROTO FLAME:
_ 自作や販売されている ケースは 凸部分が無い等 不完全な低品質が多いです。
_ さらに 販売されている価格は 1000円前後と高いです。
_ ケースには 噛み合わせの 凸部分があり 確実に固定できます。
_ 自作のユニバーサル基板には 工夫がされています。
_ ケースの製作費用は 70円で 市販の 1/10 以下です。


部品表1:JOYSTICK EXPANDER KIT

No Nomen Purchase Price
1  JOYSTICK  ebay:danyehu2009:AU $3.79/5   64円
2  M-BUS Expander module  上記 M-BUS Expander module 131円
3  ピンヘッダー(オス型)  2 x 15  秋月電子通商:2 x 40 ( 80P ) 1/2個   50円
4  PROTO FLAME  自作: 120円
5  PROTO REAR COVER  自作:   90円
6  M3 SCREW 4個   50円
====================== ========================= ======
 費用総計 505円

部品表2:BLED BOARD EXPANDER KIT

No Nomen Purchase Price
1  BLED BOARD  eaby:AU $1   80円
2  M-BUS Expander module  上記 M-BUS Expander module 131円
3  ピンヘッダー(オス型)  2 x 15  秋月電子通商:2 x 40 ( 80P ) 1/2個   50円
4  PROTO FLAME  自作:   70円
5  PROTO REAR COVER  自作:   90円
6  M3 SCREW 4個   50円
====================== ========================= ======
 費用総計 471円

部品表3:ARDUINO SHEELD EXPANDER KIT

No Nomen Purchase Price
1  ARDUINO PROTO SHEELD  aitendo:プロトタイプシールド基板 150円
2  M-BUS Expander module  上記 M-BUS Expander module 131円
3  ピンヘッダー(オス型)  2 x 15  秋月電子通商:2 x 40 ( 80P ) 1/2個   50円
4  PROTO FLAME  自作:   70円
5  PROTO REAR COVER  自作:   70円
6  M3 SCREW 4個   50円
7  ピンソケット 120円
====================== ========================= ======
 費用総計 761円

部品表4:ARDUINO USB HOST EXPANDER KIT

No Nomen Purchase Price
1  USB HOST SHEELD  ebay: caelectronics8 C $8.63 741円
2  M-BUS Expander module  上記 M-BUS Expander module 131円
3  ピンヘッダー(オス型)  2 x 15  秋月電子通商:2 x 40 ( 80P ) 1/2個   50円
4  PROTO FLAME  自作:   70円
5  PROTO REAR COVER  自作:   70円
6  M3 SCREW 4個   50円
====================== ========================= ======
 費用総計 1112円

_ 輸送期間:ebay:caelectronics8:17日。


部品表5:FPGA EXPANDER KIT

No Nomen Purchase Price
1  FPGA ( PROG + DEV )  ebay:deeplearnings store $15.96 1855円
2  M-BUS Expander module  上記 M-BUS Expander module 131円
3  ピンヘッダー(オス型)  2 x 15  秋月電子通商:2 x 40 ( 80P ) 1/2個   50円
5  PROTO FLAME  自作:   70円
4  PROTO REAR COVER  自作:   70円
8  M3 SCREW 4個   50円
====================== ========================= ======
 費用総計 2226円

_ 輸送期間:ebay:deeplearnings store:17日。


工作:基板へピンをハンダ付けし フレームに取り付けます。


工作:EXPANDER KIT:

 JOYSTICK  BLED BOARD
 ARDUINO SHEELD  ARDUINO USB HOST SHEELD
 FPGA

 


CAD:
PROTO module of M5Stack Part 2 に L型ピンソケット(2×15)の場所を設けます。

CAD データーと出力について:
_ 精度:
_ M5Stack のケースは押し出し成型器で製作されており精度が高いです。
_ ここでのプリンターは 2〜3百万クラスの高精度のプリンターを使用しています。
_ このプリンターでも制限があり 図面や基板を工夫し完成させています。
_ 現在 ユニバーサル基板は tomorrow56氏設計を使用し 機能及び品質が1番です。
_ 10万〜30万程度のプリンターでは 精度が低い為に ケースは製作出来ません。

_ データーとプリンタ出力の違い:
_ 3Dプリンターの精度により 製作出来るか出来ないかが発生します。
_ CAD データーが公開されていますが データーと出力は 使用プリンターに
_ よって異なり 精度が低いプリンターは 出力できない物が多いです。
_ 例:M5Stack の 凸部は 0.76mm幅です。
_   多くのアマチュア用の低価格プリンターは この幅が出力出来ません。
_ プリンターで出力が可能かどうかは 0.76mm幅の出力ができるかで判断します。
_ 出来ない場合は 何らかの工夫が必要です。

_ 費用:
_ ここでは 1個80円程度ですが DMM では 約10倍の価格です。
_ ケースだけで 1000円前後になると 製作する意味が無くなります。

_ 注意:ここでのケースは 工夫がされてており M5Stack オリジナル基板は 使用できません。

CAD データー公開の問題点:
_ オープンソースや共有は聞こえは良いですが 問題が含まれています。
_ 多くの機種で出力を確認しないまま オープンソースとして公開した場合
_ 費用を時間を費やして出来ない場合が 考えられ 不具合の共有になります。
_ プリンター機種名、プリンター設定のパラメーター値、材料、最小出力幅 等
_ を表示せず 公開して 他者が使用すると問題が起きる事を 確認しています。


感想:
M-BUS Expander:
_ 横にM-BUS 30ピンのコネクターを出す事により
_ 全ての信号を使用出来る事と 固定具合は安定しています。

M-BUS Expander KIT:
_ スタック方式は 小型にできますが 裏側からのネジ止めが必要です。
_ 単独で取り外しができ 取り扱いが容易です。ガチャポンって言う感じです。
_ 用途に応じてインターフェースを交換でき M5Stack が1台で済み経済的です。
_ 部品は M5Stack にある 専用基板やコネクターが不要になり自由な
_ 設計と部品を使用できます。
_ この方式により インターフェースを低価格で容易に製作する事ができます。


Written by macsbug

10月 21, 2018 @ 7:00 am

カテゴリー: M5STACK

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。