macsbug

M5 Expansion Adapter for Wio

leave a comment »

M5Stack Interface を使用できる Wio Expansion Adapter の製作    2020.06.24

費用:430円
Wio + Expansion (Blue) の横に M5 Expansion Adapter (Black) を接続し
「M5Stack用のInterface」を そのまま上に乗せて使用できます。

M5 Expansion Adapter:430円 M5 OscilloScope Interface


.
事例:オシロスコープ・アダプターを接続。


.
参照:Make a case of M5STACK ESP32 Oscilloscope:M5Stackでオシロ。

.
参照:Expansion Module with battery for Wio:Wioに拡張コネクター増設。

.
参照:マイコンで遊ぶ:オシロスコープ(もどき) W2B/Wio Terminal
_ ごじ氏作成の Wio Terminal用の WB2オシロスコープ を
_ Wio Expansion に 表示しました。ごじ氏に感謝!


.
部品:

No. Nomen Purchase Price
1 ユニバーサル基板
秋月電子通商:ユニバーサル基板
, 1.2mm 厚 B type 95x72mm 240円
, 0.3mm 厚 B type 95x72mm 200円
240円
2 ピンヘッダー (オスL型)
, 2×40
秋月電子通商:
, ピンヘッダー (オスL型) 2×40, 2x20Wio Extension と接続する。
50円
3 ロープロファイル
, ピンソケット (低メス)
, 2 x20 5.7mm
秋月電子通商:低メス 2×20 5.7mm 40円
4 ロープロファイル
, ピンソケット (低メス)
, 2×15 5.7mm
秋月電子通商:低メス 2×15 5.7mm

M5Stack Interface を接続する。

40円
4 ピンソケット (メス) 1×8
秋月電子通商:
, ピンソケット (メス) 1×8
30円
5 CASE
自作:3D Print : ABS 9g ( 1g 3円 )
, 出力時間:53分。
, 使用機種:MakeBot Replicator 2X
, CAD DL : M5_expansion_adapter.zip
27円
6 両面テープ
7 ジュンフロン線
TOTAL 427円

注:ジュンフロン線と両面テープの費用は省きます。


.
工作:Wio Terminal to M5Stack 変換基板:40pin to 30pin

配線:上は M5Stack 30pin、下は Wio Terminal 40pin

. Oscillo Scope の配線:Greenの配線(Wio DA,SDA)を使用します。
. ごじ氏 製作のオシロスコープで最高傑作の作品です。ごじ氏に感謝!
. 説明、配線、ソフトのDLは 下記を参照ください。
. 参照:マイコンで遊ぶ:オシロスコープ(もどき) W2B/Wio Terminal

Connector Wire

.
高さ:Wio との接続の為に 基板と配線の厚さを最薄にする必要があります。
1. ケースの高さは 12mm です。
2. L Type Connector は 基板の位置を低くする為に 使用しています。
3. 0.26mm幅の Wire は 交差して重ならない様に配線しています。
.  コネクターハンダ面の高さを 極力低くします。
.  PCB にすると Wire の太さは無くなります。
4. ケース下面の厚さは 1mm です。
5. 基板の固定は 両面テープです。ケースの取り付け 取り外しに耐える粘着力。

 

Expansion Connector と 基板 Wioと接続するL型 Connector
左:Wio 40pin。右:M5 30pin Wio Extension と同じ高さになる

 


.
ケース:
CAD DATA DOWN LOAD:
. ブラウザー上で M5_expansion_adapter.zip を選択し ブラウザーのファイル /
.  「別名でページを保存..」で Fileを Down Loadします。
. File は PDF形式で DL後に File nameを xxx.zip ( .zip ) に変更します。
. xxx.zip を解凍すると M5_expansion_adapter Folder ができます。
. Fusion 360 は dwg (編集可能) を使用します。
. MakerBot Replicator 2X は stl, x3g(Scale To : 101.45, Layer Height : 0.40mm)。
. Stratasys‎ F370 は M5_expansion_adapter-dwg folder の stl を使用します。

 


.
感想:
. M5Stack用の Stack Moduleを使用する為に製作しました。
_ Wio の後ろに接続するよりも 横に接続した方が便利です。
. M5Stackでは Expansion用としてダイレクトに横に接続する
_   Moduleも製作しましたが 今回はスタック用のAdapterを使用する方法です。
. 他のAdapterとして ダイレクトに横に接続するタイプと
_ Wio 40pin 接続のAdapter 構想があります。
. ケース:下側のケースは製作しましたが 上のカバーは製作していません。
. 上側のカバーは まだ 構想が練り上がっていません。

 


Wio Termainal , Expansion , M5Stack , WB2 , オシロスコープ , OscilloScope ,

Written by macsbug

6月 24, 2020 @ 9:23 am

カテゴリー: Wio Terminal

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。