macsbug

Archive for the ‘M5STACK’ Category

List of 2019

leave a comment »

2019年度リスト                        2019.12.31

2019年の記事をリストにしました。

Date View TiTle / Content cost
2019
12/03

M5 Wheel ( moio ) part 2

作りやすい moio の製作

2104円
2019
12/03

Easy PROTO Module

作りやすいPROTO Moduleの製作

221円
2019
12/03

Repair M5Stack Display

M5Stack TFT Flexible Wireの修理

2019
09/27

M5Stack speaker noise reduction

M5Stackのスピーカーノイズ低減

2019
08/26

Operate M5 Whell (moio) with RCWControll

moio を RCWController で操作

2019
08/21

M5 Wheel Module ( moio )

M5 Wheel Module ( moio ) の製作

2454円
2019
08/10

Make M5Stack Servo Module

Servo Module の製作

400円
2019
07/09

M5StickC Start Adapter

M5StickC Start Adapterの製作

50円
2019
06/16

M5Stack Nixie tube Clock

M5Stackでニキシー管時計の製作

2019
06/06

M5StickC Nixie tube Clock

M5StickCでニキシー管時計の製作

2019
06/01

M5StickC Audio Spectrum Display

M5StickCでオーディオスペクトラム

2019
05.26

M5Stack CoinMarketCap

M5Stackで仮想通貨の時価総額を表示

2019
05/20

M5StickC 3D COLOR CUBE

M5StickCに 3D COLOR CUBE を表示

2019
05/16

Make M5StickC Proto Module

M5StickCの Proto Module の製作

110円
2019
05/08

M5StickC Electronic Animated Eyes

M5StickCで電子アニメーションの目

2019
05/06

M5Stack Electronic Animated Eyes

M5Stackで電子アニメーションの目

2019
05/04

M5stack tetris with sound

M5Stack TETRIS にBGMを追加

2019
04/30

AA, AAA battery adapter for M5Stack

M5 単3,単4アルカリ乾電池アダプター

440円
2019
04/28

M5Stack SD Stopper

M5StackのSD落下防止シール

0円
2019
03/24

Run IPS SPI display on M5Stack

IPS SPI DisplayをM5Stackで動かす

344円
2019
02/05

Use ILI9488 with M5Stack

タッチパネルでキーボード入力

2110円
2019
01/01

Connect 3.5″ 480 x 320 Display to M5Stack

M5Stackに 3.5″ 480×320 Display

2093円

 


感想:
記事の全体が見づらい為に、年度毎のリストを作りました。
左から 日付、画像、名前とリンクと説明、費用 で分類しています。


 

Written by macsbug

12月 31, 2019 at 5:24 pm

カテゴリー: M5STACK, New Infomation

List of 2018

leave a comment »

2018年度リスト                         2019.12.31

2018年の記事をリストにしました。

Date View TiTle / Content cost
2018
12/31

Production of PROTO MODULE of M5Stack

5つのセンサーやモジュール 製作

1756円
2018
12/30

M5Stack Extension Module

10/21の新版:ExtensionとAdapter製作
M-BUS 2×15 30pin を横に装備し
外部で自由に使用できる

400円
2018
10/31

USB HOST Module for M5STACK

USB端子へマウスやキーボード等の
USB装置を接続可能

960円
2018
10/25

ETERNAL STRIKER M5

TEAM_REDHERRING氏がM5Stack用ゲーム

ETERNAL_STRIKER_M5 BINARY 2018/10/23」を公開

2018
10/21

M-BUS Expander module for M5Stack

BLED BOARD 製作

471円
2018
10/21

M-BUS Expander module for M5Stack

JOYSTICK 製作

505円
2018
10/21

M-BUS Expander module for M5Stack

M5Stack M-BUS Expander module製作
インターフェースを必要な時に接続、
不要な時に取り外しできる

400円
2018
09/09

M5Stack Thermal Camera Part 2

Thermal Camera 製作

4408円
2018
09/06

M5STACK Domestic sales parts information

M5Stack 国内販売 部品情報 その1

2018
09/03

Miku Miku Dansing for M5Stack

Miku Miku DansingをM5Stackで動かす

2018
09/02

Make PROTO Mudule on the board of aitendo

aitendoの基板で
M5Stack PROTO Module 製作

220円
2018
08/20

M5STACK Strongest 2400 mAh Battery Module

最強の2400mAh Battery Module

650円
2018
08/19
Low cost PROTO module of M5STACK Part 2
400円で出来る PROTO Module
廣杉計器のピンヘッダー
秋月電子通商のピンソケット
400円
2018
07/26
Low cost PROTO Module of M5STACK
M5Stack PROTO Module を作る
廣杉計器のピンヘッダー
秋月電子通商のピンソケット
400円
2018
07/26

Make M5STACK PROTO CASE

3D CAD で M5Stack の
PROTO CASE を作るポイント

2018
07/12

Simple Battery Monitor of M5STACK

M5Stack Simple Battery Monitor 製作

160円
2018
05/16

Battery module for Bottom of M5STACK

M5 Bottom バッテリーモジュール 製作
1800mAh

700円
2018
04/30

M5STACK WiFiAnalyzer

ESP8266WiFiAnalyzerをM5Stackに移植

2018
04/17

TFT_eSPI Library supports M5STACK

TFT_eSPI Library は M5Stack Display
をサポート
RGB が BGR , 鏡面反転表示

2018
04/12

Make a battery module for M5STACK

M5Stackのバッテリーモジュール製作

567円
2018
04/03

Make a case of M5STACK ESP32 Oscilloscope

M5Stack Oscilloscope ケース製作

1196円
2018
03/15

Make M5STACK’s PROT Module

M5Stack PROTO Module 製作

215円
2018
03/12

M5Stack-SD-Updater

Micro SDにアプリを入れ メニューから
ロードすると アプリが動作します。
Micro SD で複数のアプリが可能

2018
03/11

FACES version of M5Stack_sokoban

robo8080氏の M5Stack_sokoban
FACES 用に移植

2018
03/10

Make a case of M5STACK

M5Stackのケース 製作
M2, M3 Hex Screws

42円
2018
03/07

PACMAN with M5STACK

PACMANゲームをM5Stack Facesに移植

2018
01/20

TETRIS with M5STACK

TETRISゲームをM5Stackに移植

2018
01/14

esp32 snake with M5STACK

esp32-snakerゲームをM5Stackに移植

2018
01/12

esp32 spaceShooter with M5STACK

esp32-spaceShooterゲームを
M5Stackに移植

2018
01/11

PacketMonitor32 with M5STACK

PacketMonitor32をM5Stackに移植

2018
01/09

Expansion connector of M5STACK

M5Stackの拡張コネクターを作る。
Timed out エラーの対策。

230円
2018
01/02

M5Stack Faces Pocket Computer

FACES Pocket Computer の構成
TELEC 番号:211-171004

$79.11

 


感想:

 


 

Written by macsbug

12月 31, 2019 at 5:23 pm

カテゴリー: M5STACK, New Infomation

List of 2017

leave a comment »

2017年度リスト                         2019.12.31

2017年の記事をリストにしました。

Date View TiTle / Content cost
2017
12/31

Audio Spectrum Display with M5STACK

M5StackでAudio Spectrum DisplayGPS

322円
2017
12/26

GPS CLOCK with M5STACK

M5StackとGPS ModuleでGPS時計

6939円
2017
12/20

New Modules by Espressif Systems 2017.12

Espressif Systems による
4つの新しいモジュール

2017
12/14

M5STACK TELEC information

TELEC 番号:211-171004

3437円
2017
11/04

M5STACK work collection

M5Stack 作品事例集

2017
11/02

Arduino Library List

Arduino Library List
508人の著者による ライブラリー集

2017
09/15

M5STACK

M5Stackは オールインワンで
迅速な製品開発キット:購入

3977円
2017
09/15

M5Stack fake

M5Stackが販売前のメインボード

2262円
2017
09/07

1.54 inch e-Paper Display with ESP32

1.54″ e-Paper 200×200 SPI display を ESP8266, ESP32で動かす

1831円
2017
08/12

TFT display for Raspberry pi with ESP32

3.5 ” 480×320 SPI TFT RPi touch Display
を ESP32 で動かす

2265円
2017
07/10

ESP32 MiniKit

MH-ET LIVE「 ESP32 MiniKit 」

858円
2017
06/01

1.3inch SH1106 OLED Display in X-32

1.3″ 128×64 I2C SH1106 OLED Display
を X-32 で動かす

1635円
2017
05.26

Power switch to WEMOS LOLIN32 V1.0.0

WEMOS LOLIN32 V1.0.0
電源スイッチを取り付ける

1145円
2017
05/28

Pocket 32

WEMOS WiFi & Bluetooth Battery ESP32 development tool 発売開始

1145円
2017
05/16

18650 Battery Capacity

18650バッテリー は どの製品を購入すべきか

2017
05/15

D-duino-32 and Lolin ESP32 OLED wemos

Lily GOからLolin ESP32 OLED wemos 発売

1195円
2017
05/10

Pocket 8266 D1 mini WIFI Module

ポケットサイズの ESP8266 ボード

854円
2017
05/08

BATTERY and Battery Interface of WeMos LOLIN32

バッテリーとチャージ回路、ミラー回路

2017
04/21

WeMos LoLin32 V1.0.0

WEMOS CC Store から「LOLIN32
4月20日 発売開始

947円
2017
04/18

Lolin32

WEMOS Lolin32 発売

921円
2017
03/31

ESP-WROOM-32 Breakout by Magic Pot

魔法の大鍋 氏 設計製作:
ESP-WROOM-32 Breakout v2 r6。

2017
03/24

Try ESP8285

ESP8285 WeMos D1 mini Lite を試す

335円
2017
03/09

ESP-WROOM-32 ブレークアウトボード

こばさんのブレークアウトボード を作る

250円
2017
03/06

The cheapest ESP32 Development Board

最も安いESP32 Development Boardの構成

1351円
2017
03/01

USB ISOLATOR

iMac の USB を 保護する為に
USB ISOLATOR を使用

2235円
2017
02/25

ESP-WROOM-32 and ESP32 Adapter Board

ESP32 Adapter Board を作る

738円
2017
02/11

ESP32 Adapter Board and TFT Display

ESP-WROOM-32 ボードで
TFTディスプレーを組み上げる

1215円
2017
02/03

Write to ESP-WROOM-32 with Adapter Board

ESP32 Adapter Board で
ESP-WROOM-32 に書き込む

610円
2017
02/03

Write to ESP-WROOM-32 with Adapter Board

ESP-WROOM-32 発売記念写真

700円
2017
01/29

Weather meter on iPad

iPad を気象計
TouchOSC アプリ

1293円
2017
01/04

Easter Egg of ESP32

ESP32 イースター・エッグ:
ESP32 TinyBasic Plus
ESP32のROMにベーシック
インタープリターが隠されています

 


感想:

 


 

Written by macsbug

12月 31, 2019 at 5:20 pm

カテゴリー: ESP32, ESP8266, M5STACK, New Infomation

M5 Wheel ( moio ) part 2

with 2 comments

作りやすい Easy PROTO Module で M5 Wheel ( moio ) を製作。2019.12.03

構成は Battery , Motor Drive , Motor の3つです。
費用は 1800円 又は 2100円。 ( Battery : 中古 1300mA 又は 新品 1800mA )

M5 Wheel ( moio ) Module M5 Wheel ( moio ) Module
1800 or 2100 円 without M5 1800 or 2100 円

 


.
Module: Motor Module , Drive Module , Battery Module
.
1. Motor Module

Motor Module M5 Wheel ( moio ) Module
1099 円 1800 or 2100 円

.
2. Drive Module

Drive Module Motor and Drive Module
324 円 1423 円

.
3. Motor and Drive Module

Motor and Drive Module
1423 円

.
4. Battery Module

1800mA Battery Module 1300mA Battery Module
681 円 333 円

 


.
費用 ( moio ):

moio:M5 Wheel Module
No Nomen Purchase Price
1  M5Stack
2  Motor Module  以下の部品表に記載    1099円
3  Drive  Module  以下の部品表に記載      324円
4  1300mA Battery Module  Low price Battery Module      333円
4  1800mA Battery Module  以下の部品表に記載      681円
= ==================== ================ ======
 費用総計: M5 Wheel ( moio ) 1300mA Battery Module    1756
 費用総計: M5 Wheel ( moio ) 1800mA Battery Module    2104円

 


.
部品表:

メモ:
サイズ:車輪の径=18mm。Oringの径=16mm。支えの固定輪(下)=10.5mm。
_   これにより 車輪の設置面と支えの固定輪(下)は同じ高さになります。
_   支えの補助固定輪(上)=9.5mm。ケースの底の厚さは 1mm。

 

1. Motor Module: 部品名称、仕様、個数、販売店、輸送期間、価格

Motor Module
1099 円
No Nomen Purchase Price
1  3V DC Gear Motors
, GA1024-N20 , Voltage:3V
, Speed:200RPM, 2pcs
 Aliexpress:ModuleLive Store
, 輸送期間:9日
, 469円 x 2個(pcs)
    722円
2  Oring : Outside Dia: 16mm
, Thickness: 1.9mm, 2pcs
 ebay:mnsmoresell
, 輸送期間:25日
      12円
3  M2 5mm Tapping Screw, 8pcs

 西川電子部品株式会社       12円
4  JST 1.25 2Pin Mail Female, 2pcs
 onered33
, 20pcs : $2.24, JPY 244
      13円
5  CASE , 1pcs
 DIY : 材料費 FDM     340円
= ==================== ================== ======
 費用総計:   1099円

メモ:
_ Oring:車輪の径 18mmに対し Oring の径は 16mm です。
_             2mm 程少ない事により 外れ難くなります。
_ Motor size:
_    

.
2. Drive Module

Motor and Drive Module
324 円
­  
No Nomen Purchase Price
1  M5Stack PROTO Board , 1pcs
 DIY    100円
2  2*15 Male D-Pin Header , h=9mm, 1pcs
 ce10Wy
, 輸送期間:13日
, 10pcs 2*40, JPY358
     18円
3  DRV8833 2ch Driver, 1pcs
 Hong Kong feng tai
, 10pcs : $4.55, JPY 533
     54円
4  JST 1.25 2 Pin Mail Female , 2pcs
 onered33
, 20pcs : $2.24, JPY 244
     13円
5  Case , 1pcs
 DIY : 材料費 FDM

, 凸 凹 部の無い
, 作りやすい ケース。

   115円
6  M2 5mm Tapping Screw, 4pcs

 西川電子部品株式会社        6円
7  JST 1.25 2P Mail Female , 1pcs

 salena wang’s high quality
, 輸送期間:9日
, 20pcs : $2.98, JPY 326
       9円
8  Wire
= ===================== ================ ======
 費用総計:    324円

.
3. Battery Module

Battery Module
681 円
No Nomen Purchase Price
1  ロープロファイルピンソケット
, 低メス 2×15 (30P) 5.7mm , 1pcs
 秋月電子通商:
, 2×15 (30P) 5.7mm
     40円
2  JST 1.25 2P Mail Female , 1pcs
 salena wang’s high quality
, 輸送期間:14日
, 20pcs : $2.98, JPY 326
       9円
3  SLIDE SWITCH , 1pcs
 C&G Semiconductor
, 輸送期間:11日
, $7.60 100pcs, JPY 830
       9円
4  BATTERY MODULE CASE , 1pcs
 DIY : 材料費 FDM    120円
5  3.7V 2000mAh 103450
, SIZE:50 × 34 × 10mm , 1pcs
DEAH Online Store
, 輸送期間:25日
, US $ 4.69:503円
   503円
6  Wire
= ==================== ================ ======
 費用総計:    681円

メモ:
Battery:販売店で種類が変わる場合があり、ケースに入るサイズを調べます。
_    例:以前の記事にある 703048 , 1800mA は 入手不可になり
_      103450 , 2000mA ,50 × 34 × 10mm が使用できます。
_      サイズは ギリギリで 角に丸みがある為に収まります。
ロープロファイルピンソケット:秋月の このコネクターはピンが抜け安いため
_   注意か 何らかの固定が必要です。


.
配線:
_ M5 Wheel Module ( moio )   を参照ください。
_ Make M5Stack Servo Module を参照ください。

M5Stack 3V3 GND GPIO 5 GPIO 17 GPIO 13 GPIO 0
DRV8833 VCC GND IN1 IN2 IN3 IN4
DRV8833 ULT GND OUT1 OUT2 OUT3 OUT4
DC Motor L Motor – L Motor + R Motor + R Motor –

_ メモ:Motorの回転方向は 極性、配置、配線、スケッチにより決まります。
_    これらの3つの設定が正しいと 前後、左右は正常に動きます。


.
メモ:
_ 費用:
_  M5Stack PROTO Board:
_  PROTO Board は 友人から無料で頂き、此処では 100円とします。
_  基板厚を 1mm でなく 1.6mm で製作した為です。
_  どのような基板でも使用できるように 前回の記事 Easy PROTO Module
_   を作成しました。
_ Battery:
_  Battery と 電源スイッチは 必要です。
_  オリジナルより容量が大きく M5Stack側に接続出来る事。
_  中国からの Battery は 入手しずらくなってきました。
_  特に ebay では 販売が少なくなりました。
_  サイズを踏まえて 秋葉原や国内の低価格品を使用する方法もあります。

_ 接続方法:
_  上下のスタック接続は 基板にコネクターを設ける方法があります。
_  この場合 基板の準備や配線、設置に手間や費用がかかります。
_  3つで1つの専用のモジュールで良いため Drive と Motor の接続は
_  Wire Connector を使用しました。
_  M5とmoioの接続:M5のBattery connector に接続するか
_   M-BUS 経由 どちらでも出来る様にしました。

_ CAD:
_  WordPressのブログでは 図面(.zip)を添付出来ない為に 公開できません。
_  都内の何処かでお会いした時に 製作物をお渡し出来るかと思います。
_  :
_  thingiverse:
_   thingiverse には 無料の公開CADデーターがあります。
_   Makerbotの主催で Makerbot Replicator用のデーターが主です。
_   baskasteel氏が M5 Wheel Module ( moio )の記事を参考に
_   以下に CADデーターを公開されています。baskasteel 氏に感謝致します。
_   M5Stack module MOIO by macsbug
_   注意:
_   thingiverseには どのPrinterを使用し出力結果は どうであったかの
_   画像の表示がありません。機種によって出力結果が異なる為 使用でき
_   ない場合があります。それにより無駄な時間と費用を使用します。
_   上記のデーターを DMM等の外部に高価な有償依頼しても同様です。
_   私は 上記のデーターが通常のPrinterで出力できるか確認していません。
_   注意:
_   これまでの製作は 高精度の「Uprint」を使用し 0.5mm幅の凸部や
_   凹部の幅と位置は「出力結果のズレを補正したデーター」で出来ています。
_   よって他のPrinterで出力した時は 正しく出力できません。
_   前回 作成した Easy PROTO Module の目的は 通常のプリンターで
_   出力可能な事をめざした物です。確認は他の場所にある使用機材の都合や
_   自身の時間が取れず 公開までには至っていません。

_ 補足:2019.12.17 追記。上記の CAD を検証しました。
_ Thingiverse と M5 Wheel Module ( moio ) CAD data:
_ 結論:Thingiverse の baskasteel 氏のデーターは 寸法が間違っています
_ 私のブログの記事「M5 Wheel Module ( moio )」を見て Bas kasteel氏が
_ CAD図面を起こし Thingiverse に「M5Stack module MOIO by macsbug
_ として ケースの CAD データーを断り無く、検証もせず公開しています。
_ そこで、解像度の高いプリンターと 通常のプリンターで出力を検証しました。
_ 例として Motor が入りません。他の2つのデーターもサイズが間違っています。
_ つまり Thingiverse にあるのは 偽物のデーターです。
_ 検証を実施してから公開してください。
_ 

_ 参考:
_  Easy PROTO Module:2019.12.03:作りやすい PROTO Module の製作。
_  Operate M5 Whell (moio) with RCWControll:2019.08.26:RCWController操作。
_  M5 Wheel Module ( moio ):2019.08.21:M5 Wheel Module の製作。

 


.
感想:
_ 費用:
_  Motor の費用が 全体の4割程の割合を占めています。
_  M5の製品や委託販売品は 1つのモジュールが 2〜3千円します。
_  低価格にする為に 工夫し 3つのモジュールで 約2千円です。
_  表示は材料費ですので 販売品は 他の費用が加算する価格になります。
_  個人の電子工作ならば 材料費と機械使用料になります。
_  低価格の効果は 1台でなく複数台持つ事が可能になり SONY toio
_  の様に 複数でできる遊びが可能になります。

_ プリンター:通常プリンターの出力確認は使用機材の都合で 今回の
_  投稿までには出来ませんでした。出力途中で材料が出なくなるとか
_  トラブルが多く時間を取られます。高精度、高価格の Uprint は
_  トラブル無く 結果的に早く出力出来ます。

_ 前回、前々回記事:投稿日時変更。
_  編集中に前回の「Easy PROTO Module」2019.11.22 と
_  前々回の「Repair M5Stack Display」2019.1120 は 手違いにより
_  消えてしまい 再度、新規に投稿しました。これにより
_  投稿日時が 2019.12.03 になっています。


M5stack , Wheel , moio , DRV8833 ,

Written by macsbug

12月 3, 2019 at 3:26 pm

カテゴリー: M5STACK

Easy PROTO Module

leave a comment »

作りやすい PROTO Module の製作方法  2019.11.22 2019.12.03

M5Stack の PROTO Module は 射出成型により 綺麗で高精度です。
低価格の3Dプリンターは XY軸の精度が低く 出来ない所があります。
凸部と凹部の「填め込み」部分は 0.5mm で 幅が狭く出来ません。

さらに PROTO基板は 凸部と凹部に填める為に 縦,横,高さ が制限され
自由な基板を使用する事ができません。

「基板に合わせてケースを作る」と 自由な作品ができる事になります。

費用は コネクターを除き 221円 です。


対策:
1. 「填め込み」の為の 凸部と凹部を 使用しない。
_ スクリューガイドとネジ止めの部分を 填め込みに使用します。
2. スクリューガイドとネジ止め部を ケース外壁の上に配置します。
_ ネジ止めの位置は 使用する基板に合わせます。


効果:
1. 低価格の3Dプリンターで出力が可能です。
2. 自由な基板を使用する事ができます。
3. 低価格で製作する事ができます。
メモ:以下、上側(凸)の画像を示します。下側(凹)の加工はありません。

Original Easy PROTO Module

 


部品表:

Easy PROTO Module
No Nomen Purchase Price
1  M5Stack PROTO Board
 DIY    100円
2 Case
 DIY : 材料費 FDM    115円
3  M2 5mm Tapping Screw, 4pcs  西川電子部品株式会社        6円
= ===================== ================ ======
 費用総計:    221

.

with Connector
 2*15 Male D-Pin Header
, h=9.1mm
 ce10Wy
, 10pcs 2*40, JPY358
      18円
 費用総計:     239円
with Connector
 ピンヘッダー
, male, H=5.3mm
, M5Stack 同等品
 廣杉計器:
, PSM-4200233-15
      76円
 費用総計:     297円

 


製作方法:

Top ( Hole:3.5mm, 2mm) Side

 

Size ( Side View ) Size
1. 従来のPROTOも接続できる様に
,  高さ(深さ)は 2.0mm。左上。
,
2. 「填め込み」の隙間は 0.3mm
,  又は 精度の低い物は 0.5mm
,  の隙間を設けます。上。
,
3 コネクタの長さにあった 厚みを
.  製作できます。 例:6mm

メモ:
_ 今回は ピンヘッダ 高さ 9.3mm と 基板の厚さ 1.6mm を使用しました。
_ 左上の 2.0 mm の高さは 「コネクター」と「基板の厚さ」により異なります。
_ 「コネクター」と「基板の厚さ」と M-BUS との接続距離を計算し製作します。
_ コネクター:ピンヘッダ 2.54mm 2×15 を使用します。

_ 例:表面実装用ピンヘッダ 40P(2×20):高さ 9.6mm。秋月電子通商
_   
_ 例:Pin Header 2x15P:高さ 9.1mm:Shenzhen LMX Connector
_    Aliexpress では Row Connector と言う表現は 高さ 9.1mm を言います。
_   

_ 基板:厚さ。
_    1.6mm 厚の場合は 2.0mm です。1.0mm 厚の場合は 1.4mm です。

Easy PROTO Module Size

 


製作事例:
_ PROTO基板 厚さ 1.6 mm の例:(オリジナルは 1mm 厚です)。
_ M-BUS コネクターの高さが合えば 秋月等の基板が使用可能です。
_ 基板を固定するネジの位置は 自由に配置する事が可能です。

Easy PROTO Module Easy PROTO Module

 


Makerbot Replicator 2X の出力:( Nozzle 0.4mm )
_ 角の部分の荒さは出ますが 個人で使用する程度は可能です。
_ 商品には使用出来ない精度です。
_ メモ:精度により 隙間は 0.3mm や 0.5mm 等に現物合わせをします。

Makerbot Replicato 2X
Makerbot Replicato 2X

 


3Dプリンターの剥がれ防止方法:
_ これまでの気苦労が見事に無くなり 確実に製作物を固定出来ます。
1. プレートに 3Mマスキングテープを貼る。
2. その上に「NITTO No.5000NS」両面テープを張ります。
メモ:この両面テープは レーザーカッター や CNC 工作時に
_  同様に使用する事が出来ます。


参考:
1. Make M5STACK PROTO CASE:2018.07.26:PROTO CASE を作るポイント。
2. Low cost PROTO Module of M5STACK:2018.07.26:
_ 400円で出来るM5STACK PROTO Module
3. Low cost PROTO module of M5STACK Part 2:2018.08.19:
_ 400円で出来るPROTO Module。


感想:
1. 形状がシンプルになり 製作しやすいです。
2. 低価格で製作する事ができます。それにより多彩な工作が可能になります。
3. 凸凹が不要になると かなり自由なモジュールが製作出来ます。
4. 凸凹は 一種のハードウエアー プロテクションに感じます。
5. 製作の切っ掛けは 友人から上記の基板を30枚程 無料で頂いた事です。
_ 基板発注時の厚みの指定ミスでしたが 「基板に合わせてケースを作る」から
_ アイデアが生まれました。友人に感謝致します。
_ 結果、ケースが自由に製作できる事は 何でも製作が可能になる体験をしました。
6. 製作費用:基板は無料ですので あるプリンターで1個130円程度です。
_ さらにあるワークショップでは材料代が無料ですので ネジ代の5円程度となります。


.
M5Stack , PROTO , PROTO Module , Makerbot Replicator 2X ,

Written by macsbug

12月 3, 2019 at 3:15 pm

カテゴリー: M5STACK

Repair M5Stack Display

leave a comment »

M5Stack TFT Flexible Wire の 修理方法   2019.11.20  2019.12.03

M5Stack Display の Flexible Wire は 短く切れやすいです。

修理により 高価な M5Stack を再度 使用する事が出来ます。

オリジナル 切断した Flexible Wire

修理完了:
_ この修理は超難解ですが 以下の様にできます。


手順:

1. 分解:
_ 分解前に 全体の組み立て方を 把握します。
_ 基板側の 2mm の Screw を2本外します。
_ スピーカーを引き出し ワイヤーが切れない位置に移動します。
_ 基板は 左上に切りかきがあります。基板全体を左にずらして外します。
_ この時 Display のワイヤーは 短く切れ安い事に注意!。
_ M5Stack表面のGlass Panelは両面テープで接着されています。
_ Glass Panelの隙間をゆっくり広げ アクリルを外します。
_ 注意:表面のGlass Panelは薄い為 割れない様に均等に剥がします。
_    Glass Panelの部品は M5Stack Official Store で販売されています。
_ Display をケースから外します。

2. Flexible Wire の準備:
_ FLEX Wire のハンダ付けする部分を細いカッターで表面の被覆を剥がす。
_ 注意:カッターの先は 鋭く無いと削れません。パターンを切らない事。
_ Flex Wire は 21本です。使用するのは 16本です。
_ 剥がした部分を瞬間にハンダメッキします。
_ アルコールやアセトン等でクリーニングします。
_ 

3. ワイヤーの準備:
_ 寄り線ワイヤーをほぐし、0.1mm の 超細線を用意します。
_ 極細線をハンダメッキします。
_ ワイヤーを真っすぐにします。
_ アルコールやアセトン等でクリーニングします。
_ 

4. ハンダ付けの準備:
_ 基板上のハンダ付け部分は ハンダやゴミを掃除し綺麗にしておく事。
_ FLEX Wire を 基板パターンと少し離し 両面テープで基板に固定します。
_  修理後に「力」で切れない様に しっかり固定します。
_ Wire は短い為 2mm 程度離し延長させ 折り曲げる時の負担を軽減させます。
_ ハンダの小手先は Flexible Wireより細い先端を使用します。
_ ハンダゴテの先端をクリーニングします。
_ 

5. ハンダ付け:
_ ハンダは極細(0.32mm)か ハンダメッキした状態で使用します。
_ 断線部分にハンダメッキした極細線を瞬時にハンダ付けします。
_ 注意:ハンダ付けは瞬時に1度だけにします。
_ 使用している本数は 16本です。
_ ハンダ付けした部分をアルコールやアセトン等でクリーニングします。

_ 

6. 点検:
_ 目視点検、テスターによる導通と 隣の配線の接触が無いかをチェック。
_ 電源を入れてテストをします。

7. 最終処置:
_ ハンダ付けの表面をUVレジンで固めます。UVレジンはネイルで使用され、
_ 百均で販売されています。

 

メモ:
_ 綺麗に仕上げる方法:
_  出来れば顕微鏡を使用してください。
_  道具や材料、基板 を その都度 クリーニングし綺麗にする事です。

_ 追加修理として 全てのスイッチの裏に 付箋紙(0.1mm厚) を接着し
_  クリック感の向上と斜めにならない様にしました。これは効果があります。
_  


感想:
_ Flexible Wire の幅は非常に狭く ハンダ付けは 超難解です。
_ 事前の準備が 重要なポイントです。
_ 丁寧に実施すれば できます。
_ 顕微鏡が必要ですが 百均の老眼鏡で行ないました。
_ M5Stack のスイッチキャップの設計は 裏を平らに、そして 厚みを 0.1mm
_   増やして欲しかったです。


M5Stack , display , 断線 ,

Written by macsbug

12月 3, 2019 at 3:11 pm

カテゴリー: M5STACK

M5Stack speaker noise reduction

leave a comment »

M5Stack の スピーカーノイズを 低減する方法。       2019.09.27

M5Stack の スピーカー は ノイズがでます。

Noiseless PROTO Module を 製作しました。


課題:
_ M5Stack の 課題に スピーカーの「ノイズ」と「歪み」があります。
_ 今回は ノイズの原因と対策が主題ですが、歪みの件も含めて記載しています。


方法:
_ 1. PROTO基板の製作時に GPIO25 Pin ( DAC ) を外します。
_ 2. もしくは PROTO基板の GPIO25ピンをカットします。この場合
_   ピンのカット面と M-BUS 側ピンの距離が近くならない事。


ノイズレス PROTO基板 の 接続方法と効果:
_ GPIO25ピン無しのPROTO基板 だけか 他のPROTO基板へ接続すると
_ スピーカーノイズは 無くなります。最も効果のある方法です。
_ ただし、M5Stackの基板で発生するノイズはそのままです。
_ M5Stackの基板上で発生するノイズは 機種やバージョンで異なります。
_ ディスプレーに表示する画像によっても異なります。


原因:以下、1と2に分類して述べます。
_ 1. PROTO Module と BOTTOM Module。
_ 2. M5Stack の設計 と レイアウト。


1. PROTO Module と BOTTOM Module。
_ 原因:MOSI (GPIO23) の 輻射ノイズ
_ 理由:接続したPROTO基板の GPIO23,25がアンテナになり GPIO25に乗る。

_ MOSI信号はディスプレー信号に使用しています。
_ 画像によっては MOSI の周波数成分が多くなりノイズが増えます。
_  M5Stack Electronic Animated Eyes でノイズ増加が解ります。
_ スケッチによっては 周波数が 80MHz に高くなる場合があります。
_ PROTO基板上に GPIO25のパターンがあるとノイズを拾います。
_  基板の長さ 50mm等の長い場合は かなり大きなノイズになります。
_  60mmのパターンの基板を作成しノイズが増加するのを確認しました。
_ M-BUS の GPIO25 ( DAC ) は ピン有るだけでも 隣のGPIO23( MOSI )
_  から輻射ノイズを拾います 。
_ M-BUSの設計:GPIO25は D級アンプの入力に使用している為、
_  GPIO23の隣 もしくは M-BUSにピンを立てるべきではない。

_ ノイズがでる要素:( してはいけない設計 )。
_  GPIO23 と GPIO25 の配置を 2.54mm 以内。
_  GPIO25 の長い配線。
_  M-BUSに GPIO25ピンを立てる。
_  BOTTOM Module を接続する。
_  GPIO25 のパターンが長い PROTO基板を接続する。
_  M5Stack Electronic Animated Eyes の様な複雑な画像を表示する。

_ 確認:テスターで誘導電圧を確認できます。
_  23と25間にワイヤーを近接すると誘導される事が解ります。
_  周波数成分の大きいMOSI信号時も同様です。

_ 原則:M-BUS MOSI と M-BUS DAC は 隣に配置してはいけない。
_  レイアウトミスと判断しています。


2. M5Stack の設計 と レイアウト。図は M5Stack BASIC の回路図。

_ 

_ 基本:M5Stack BASIC
_  基板のバージョンによってノイズの大きさが異なる。
_   BASIC:2017.6。BASIC:2018.3 NOIS 大。GRAY:2017.6。
_  液晶バックライトのPWM制御10KHz の影響(可視聴)がノイズになる。
_   10KHzの周波数を可視聴外に変更する案:
_   参考に記載した lovyan03氏の #142#147。lovyan03氏に感謝致します。

_  PGND:回路図は ANALOG GND だが 現物の配線はなし。
_   調査:PCB は基板 BAT Connector 横の日付(DATE CODE)です。
_   BASIC(PCB=2017.6 ) ;NS4150B_4 – C44 – open。
_   BASIC(PCB=2018.3 ) ;NS4150B_4 – C44 – open:*openをGNDでノイズ大。
_   GRAY (PCB=2017.6 ) ;NS4150B_4 – C44 – open。
_   GRAY (PCB=2017.11 );NS4150B_4 – C44 – GND。
_   FIRE (PCB=2018.2A) ;NS4150B_4 – none – GND。BASICより音質は良い。

_   図面通りの GND(DC) にすると 基板のバージョンによっては多少改善
_   されるが ノイズは解決しない。
_   理由1:
_    IC:回路図は NS4148 だが 現物は NS4150 ( NS4150B )。
_    NS4150 Data Sheet V1.0 の Typical Application Circuit には
_    入力( INP, INN ) に 30KΩが接続されているが M5Stack は無し。
_    内部抵抗 30KΩ内蔵のNS4148 を取り付けてみましたが 動作不可。
_    mはげ氏は NS4150Bの入力に 30KΩを接続したが 結果得られず。

_    歪み:アンプの入力範囲が狭い設計になっている。
_    mはげ氏の情報:この件でハードとソフトで多大な調査と努力を
_     されています。mはげ氏に感謝致します。
_    @Tw_Mhage:M5Stackのスピーカーの音質が悪い原因と対策
_    以下は 上記の記事、mはげ氏の記事と画像を記載させて頂きます。
_    「M5StackのD級アンプNS4150の出力測定結果。テスト信号は
_     800Hz 正弦波。NS4150推奨回路の入力抵抗はなくても入出力
_     はほぼ比例し ゲインは約2.94。出力は±1.6Vでクリップされる。
_     音が割れないようにするためにはDAC出力の振幅を0.54V以内
_     に抑えればいい。」
_    結論:プログラミング:
_     NS4150B をプログラムで使用する場合、入力は 最大 0.54Vac
_     に押さえる必要があります。これを超える入力をすると出力が
_     歪みます。つまり M5StackのDAC出力の振幅は0.54V以内
_     ある事。
_     
_     

_   理由2:GND電位がゼロにならず 不安定になり ノイズが発生する。
_    レイアウト設計の不足。
_    NS4150 の入出力から M-BUS への配線は ノイズ対策が不足。
_    ただし、回路としてはこの程度かと判断しています。

_    他社の製品:
_    理由は 他の ODROID-GO ( ESP32 + PAM8304Aアンプ) の回路では
_     入力抵抗を付け 特別なノイズ対策無くとも ノイズ無く動作している。

_      以下の図は ODROID-GO の回路図。
_    

_   TTGO製品(ESP32)の場合:TTGO製品は多数のバージョンがある。
_    TTGO T4_v1.3 は NS4150 4pin PGND は OPEN。パラメーターは異なる。
_    
_    TTGO T10_v1.8 は PCM5102Aを採用している。
_    
_    結果、TTGO の AMPは変更され NS4150 は問題である事を示しています。

_   M5Stack Fire は C44 を除去しノイズが低下している。
_    対策:M5Stack Team はノイズ問題を認識し C44 Remove を考案した
_       事を示しています。
_    理由:部品からノイズを拾う事を防止している。

_   M5StickC Speaker AMP:
_    D CLASS AMP は PAM8303 を使用しています。
_    これは NS4150 でなく PAM8303 が正解である事を示しています。

_  電源:USB電源使用せず EA3036(LDO)の入力に バッテリー入力
_     (DC電池)のみでもスピーカーノイズは出る。

_  NS4150B の電源停止方法:
_   EA3036 LDO にある T1 端子をショートします。
_   ショートにより EA3036-19 ( sw3 ) がオフになり AMP PWR が無くなります。

_ ソフトによるノイズの低減:
_  以下を記載し DAC をオフにし スピーカーを無音にします。

dac_output_disable(DAC_CHANNEL_1);  // Sound OFF

_   dacWrite(25, 0); で AMP を OFF にし 効果がでる場合もあります。

_  結論:本体基板のハードの改善は無理がある。
_     パターン幅が小さく 素人では パターンが剥がれる。
_     ハードの改修も可能ですが 改造は多くの人には無理です。

 


❌ ノイズ対策の無い製品:
スイッチサイエンス販売 委託品:幾つかの製品を見かけます。
_ 1. 使用しないにもかかわらず、GPIO25 のパターンを配線している。
_ 2. M-BUS GPIO23, 25 で 1.27mm ハーフピッッチでスルーホール
_  を作り配線している。距離が短くなり さらにノイズがでます。
_  
_ 3. M-BUS の延長と称してフラットケーブルで延長するボード。
_  これは確実にノイズが出ます。
_ どうも 設計ミスの製品が多い事と 不完全な商品を販売しています。

⭕ ノイズ対策をしている基板:
_ この情報を得てか M5Stack で開発している ある基板は
_ GPIO25 ピンは配線していません。

◯ ノイズ対策の回答:対症療法
_ M5Stack Community での ノイズの質問は 「BOTTOM を外して見てください」
_ と言う対症療法の回答があります。 これは BOTTOMの配線で GPIO25が
_ 延長され ノイズが発生する事を示しています。


参考:
NS4148:NS4148 Data Sheet V1.1
NS4150:NS4150 Data Sheet V1.0
Odroid-GO:
_ 回路図:Hardware tunning for silent the sound volume of ODROID-GO
_ Odroid PAM8304A:Odroid-GO support #10
_ PAM8304 pdf
mはげ氏の M5Stack D級AMPの調査
@Tw_Mhage:M5Stackのスピーカーの音質が悪い原因と対策
M5Stack Community:So much noise!:dacWrite(25, 0); でも消えない。
M5Stack Community:Noise on speaker
_ オーディオラインが適切に設計およびシールドされていない。
_ ledcDetachPin(SPEAKER_PIN); pinMode(SPEAKER_PIN,INPUT);
ESPRESSIF:M5Stack to be Relaunched with ESP32
lovyan03:PWM control of the backlight emits unpleasant 10 kHz noise #142
_   バックライトのPWM制御は10KHzで聞こえる周波数。これを44.1KHzに
_   すると不快な10KHzノイズをオフにできる。
lovyan03:Modify: Suppress the mosquito noise that LCD backlight PWM emits. #147
BLOG:M5stack tetris with sound:無音にするメモ。
BLOG:Low cost PROTO Module of M5STACK:国内製品のコネクターを使用できます。
BLOG:Low cost PROTO module of M5STACK Part 2:国内製品のコネクターを使用。
_ 国内製品のコネクターを使用すると M-BUS との接触が良くなります。
_ 理由は オリジナルは M-BUS コネクター下 0.1mm, コネクター間の隙間 0.1mm
_  があり 接触が低下。国内製品のコネクターを使用すると 合計 0.2 mm
_  分の接触を得る事が出来 良くなります。


感想:
1. NS4150:NS4148 や NS4150 は既存のスマホに使用され 動作的に完成
_ されていますが M5Stack は ノイズがでます。
_ アンプの設計とレイアウトの 作り込みが少ないと判断します。

2. 実験による数値:
_ 実験も踏まえ電圧値も取得しましたが 対策がある為 数値は記載しません。

3. 設計:
_ レイアウトの重要性:Display 信号のMOSI (23) と SCK (18) が 逆の配置
_           ならば ノイズは発生しません。
_ M5Stack のバージョン:
_  ATMEGA328P, ESP8266, ESP32 の多数のバージョンがあります。
_  バージョンによって M-BUS の配置が異なっています。
_  例として ESP32版でも幾つかあります。
_  ESP32 M5Stack は 2017年3月28日に ESPRESSIF と契約。
_  この時の M5の内部レイアウトと M-BUS(M5-BUS) は現在とは異なる配置。
_  ESPRESSIF:M5Stack to be Relaunched with ESP32
_ 
_  この時の MOSI(9)とDAC 1(16) の配置は離れています。
_  つまり あるバージョンでは M-BUSの配置が異なる為に ノイズの発生は
_  無いが 何かの理由で 現在の配置になり 輻射波の問題が発生した。
_  と言う経過です。
_  M5Stack Store からの販売は 2017.10.23 (BASIC $35.00) からです。
_ 原因を踏まえ  M5Stack で基板を開発している人に 参考になればと
_ 思います。是非、素晴らしい基板を設計、製作する事を期待しています。

4. 投稿:かなり以前に下書きをしていましたが 投稿が遅れました。

5. 使用している基板は tomorrow56氏に 製作して頂きました。
_ 低価格で沢山あると 今回の様な 実験や使用が簡単にできます。
_ M5Stack の PROTO基板とは異なる「ある工夫」がしてあります。
_ 精度によりますが 個人の3D Printer でケースを製作する事が可能です。
_ この PROTO Module は 私と都内で合える場合はお渡し出来ると思います。
_ tomorrow56氏に販売をリクエストすると 答えてくれるかと思います。
_ tomorrow56氏は thousandiy で 幾つかの開発製品を販売しています。
_ 基板を見ると解るかと思いますが 氏の技術レベルは高く信頼性があります。

 

.


M5Stack ,  スピーカー , ノイズ , NS4148 , NS4150 , NS4150B , FIRE , DAC ,
MOSI , EA306 , T1 ,

Written by macsbug

9月 27, 2019 at 3:00 pm

カテゴリー: M5STACK