macsbug

Just another WordPress.com site

M5STACK

with 4 comments

M5STACKは オールインワンで迅速な製品開発キットです。             2017.09.15
_ ORG:2017.09.15。Rev.1:2017.09.20。Rev.2:2017.10.02。Rev.3:2017.10.24

価格は $36.10  3977円。
構成は ESP32 without TELEC + TFT Display + Speaker + I2C Connector
+ Micro SD SLOT + Push Switch + I/O Port + Li-ion Battery
+ 密閉型スタッカブル・デザイン。
大きさは 54 x 54 x 17mm で手の平に入るサイズで 重さは 24g 。

注意!!:2017.09.20 追記。
Aliexpress HwaYeh Store は 9/20 に $38.00 から $88.00 になりました。
Aliexpress Fruit Pi  Store は 9/20 に $38.00 から $88.00 になりました。
高価格では 購入する商品価値 や 紹介する価値 はありません。
注意!!:2017.10.02 追記。
_ 2017.10.02  $58.00 になる。しかし まだ $20 高い。

追記:2017.10.24:$35.00
2017.10.23 に 公式M5STACK Store の販売店が開始しました。
_ $41.00:M5STACK GRAY(with MPU9250)
_ $35.00:M5STACK BASIC
_ $2.5  :M5STACK PROTO Board

追記:2017.11.03
M5STACK BASIC($35), M5STACK GRAY($41) は M5Stack Store 以外に
Fruit Pi Store, HwaYeh Store の2社から販売になりました。


.
M5STACKチーム:
_ M5STACK は KICSTARTER にて ESP8266 で登場。その後 ESP32 で
_ リニューアルする事になります。
_ 2017年3月28日中国上海:M5STACKチームは ESPRESSIFにて ESP32
_ を使用した製品の契約を締結しました。

M5STACKチームの目標:
_ 誰もが簡単に使用できる迅速な製品開発の為のオールインワン
_ ソリューションを提供。プロトタイプの複雑さを取り除き、実用的
_ で使い安い、さまざまなプロジェクトを実現することができます。
_ 製品の見栄えは 綺麗でプロフェッショナルです。


.
CORE Manual:CORE DEVELOPMENT KIT V1.0


.
仕様:
_ ESP32 without TELEC:WiFi/BLE
_  M5 BUS シールの下は 金属ケースで記載はありません。
_ Display:2 inch 320 x 240 Color TFT LCD:FW-TFT020:ILI9341
_ Serial:SLAB CP2104
_ I2C Connector:GROVE I2C ( PH2.0-4 )
_ Audio Amp:NS4148
_ Speaker:8Ω  1W
_ TF Card Reader:Micro SD SLOT
_ M5 BUS:30pin,  2.54mm Low Female 2×15 Connector
_ External Connector:PORT, BUS PORT, I/O PORT
_ Battery Socket:Li-ion Battery
_ Power Switch:RESET & ON/OFF
_ Push Switch:A, B, C
_ Battery Inside:150mAh
_ Attachment:Magnet
_ WEIGHT:24g
_ SIZE:54x54x17mm
_ Hardware pinout:GitHub M5STACK


.
構成:


Front BOTTOM Board:M5 BUS Rear BOTTOM Board:Li-ion Battery
inside of the Rear cover:Magnet x 4ea Outside of the Rear cover:Port Index

 

TFT Card Reader,  Bus Port  Sticker,  BUS Port
 Power Switch, USB C, I2C, I/O Port Speaker,  I/O Port

 

Rear of MainBoard,  Speaker Rear of  TFT LCD

 

 M5STACK KIT:ケースの中味。 Proto Board ( $3.50 ):別途購入の事。

Proto Board:
_ Aliexpress:Fruit Pi Store。$3.50。 輸送期間=9日。2017.09.18 追記。


.
購入:費用 $36.10 で 3977円。以下のケースで来ます。
_ 付属品:CORE DEVELOPMENT KIT 説明書、QUick Start ガイド、シール、
_     20cm 10pin male to female Connector Cable, USB TYPE C ?
_ 以下の製品が公式な物であるかは 不明です。

購入
Aliexpress
HwaYeh Store
$36.10
3977円
SALE !
————————–
Aliexpress
Fruit Pi Store
$38.00
4174円
輸送期間=8日。
最初の販売ストアー。
————————–
github:m5stack

Thanks to M5STACK TEAM

追記:2017.10.24
公式の M5STACK Store の販売店が開始し $35.00 です。


.
起動:
_ 起動時に M5STACKの画像 と マック似の 起動音。
_ Graphics Test の後は WiFi Scan ,TFT CARD の Test を表示します。
_ A Button を押すと Analog 入力の値が表示されます。


.
参考:
M5STACK:CORE DEVELOPMENT KIT:M5STACK 本家です。
Kickstarter:M5Stack: Stackable Arduino with Compact Aluminum Shell.
_ (Canceled):ESP8266 版はキャンセルになりました。内容は必見です。
iCrowdNewswire:M5Stack: World’s First Open-Source R&D Modular Toolkit.
_ KickStarter に於ける M5STACK の詳細。
Facebook:M5STACK:M5STACK の多くの情報が見れます。
YouTube :M5_1:M5STACK の案内。
GitHub:M5STACK。Hardware pinout が書かれています。
YouTube :M5Stack KS1:M5STACK の案内と実例。
YouTube :[TECH] – M5Stack Live YouTube Subscriber Display:実例。
YouTube :M5 – What if the Arduino with a case:作品の紹介。
YouTube :[TECH] – M5Stack Garage Door Opener:ドアーオープン。
ESPRESSIF:M5Stack to be Relaunched with ESP32:ESPRESSIFの案内。
hackaday:M5Stack – An Open Source Enclosed Modular Toolkit:実例。
twitter:M5STACK:ツイッター情報。
instructables:M5 module and the keypad:ホテルのパスワードパネル。
the INTERNET of THINGS with ESP32:ESP32の最大のまとめサイト:
_ ここでは Aliexpress の M5STACK が公式の製品か書かれていません。
_ 2017.09.15 現在、Under development(開発中)と書かれています。
HACKADAY.IO:M5Stack – An Open Source Enclosed Modular Toolkit
_       Arduinio MEGA32U4 による記事。

追記:2017.10.24
10月12日到着:ESP32 2 inch LCD 1W SPEAKER。偽物。
_ 価格:2262円 ( $20.00 )。TAT=15日。M5STACK のメインボード。
_ Case, USB C Connector, Battery Cable, I2C Connector cable,
_ Antenna Connector Cable, Tape 付き。
_ STORE:FACE-TO-FACE Electronic
_ Seatechnolgy Store($22.63), FACE-TO-FACE Electronic($22.73),
_ LILY GO($22.26)。M5STACK は未だに $58 と高価格 。
_ 10月13日:Store は 1社増えて3社になる)。
追記:2017.10.29:
_ 10月28日頃に この製品は 上記3社の販売店から無くなりました。

M5STACK の 現状:2017.10.18
_ Aliexpress 3つの再販業者で $58と高価格に変更し4台売れたのみ。
_ この高価格は海外でも注視されている様です。
_ M5STACK twitter 情報(10月17日):M5STACK 大量生産。
_ nanik氏:現在の価格は高すぎる。$35 – $45 の手頃な価格。
_ M5STACK:基本的なキットの価格は $18.9 で一部の再販業者はAliexpressで
_  高い価格に設定している。数日たてば それらをクリーンします。
_ twitter:情報もと。
_ M5STACK:情報もと。


応用事例:

 


.
動作メモ:2017.09.21 追記。
1. PMU は ESP32 を統合。
2. ESP32は常に物理的に電源が供給されディープスリープモードて 5μA 消費。
3. 他の部品の電流消費は不明。
4. 速いグラフィック表示のライブラリーは M5Stack.h でなく TFT_eSPI がある。
5. 電源:PMUの組み込み関数。
_    1回押すとESP32がリセット。2回押すと電源がオフになる。
_    PMUはMCUの電源を直接遮断します。
_    ソフトウェア制御:esp_deep_sleep_start()


.
感想:
M5STACK の概要をまとめ、スケッチ等の開発環境のレポートは除きます。

_ 価格:$38.00 で 4174円。輸送期間 は 8日と迅速な輸送の業者です。
_  高いですが 作る事を考えると安いです。 良い製品は 10個位購入
_  しますが 4万台になり かなりな額です。そうなると買えません。
_  その後、$36.10  3977円 の業者がでてきました。

_ 回路とレイアウト:実に練りに練った設計で素晴らしい内容です。
_  実装面でも工夫があり感心致します。特にケースへのボードの
_  組み込みは、巧妙に出来ています。ボードはケースにギリギリで
_  外す時は難解です。最小サイズにする為に コネクターのサイズや
_  部品配置の工夫があります。M5STACKチームに敬服し、作り方
_  の勉強になりました。

_ 固定:本体の裏側に磁石が埋め込まれています。磁石で金属に
_  固定が可能です。冷蔵庫では 振動で落ちない程度の強さです。

_ 接続コネクター:M5STACK のメインの 15 x 2 30pin は 拡張に便利
_  です。拡張ボード(Proto Board) は 販売されています。
_  さらに4隅にある 8pin x 2 , 15pin x 2 コネクターは 自由に接続
_  ができ 拡張性と柔軟性に富んでいます。

_ USB Cable:USB TYPE C を使用します。購入先の画面には 付属品
_  として ありますが 到着した物には入っていませんでした。
_  そこで 百均にある USB TYPE C を購入しました。

_ 機動音:「ジャ〜ン」と言うマックの機動音に似た音に感心。

_ オールインワン:多彩な機能は 多様でプロフェッショナルで綺麗な
_  作品が迅速に出来る利点があります。ただし費用がかかります。
_  低価格で出来る ESP32 Mini Kit で作る物と 分ける事かと思います。

_ 不明な点:
_  TFT LCD:2 inch 320 x 240 ですが 具体的に何処の製品か不明です。
_   M5STACK ESP8266版では LoRa という情報があります。
_   Driver IC は Library の Display.cpp に ILI9341 の記述があります。
_   Adafruit ILI9341 Breakout and Shield に準じている様です。
_  ESP32:金属板を取り除いて中を確認はしていません。

_ ESP32 without TELEC:仕様や用途に応じた範疇で使用します。
_  幾つかの方法があります。
_  WiFi を使用せず 省エネも含め スケッチで WiFi を OFF にする。
_  WiFi OFFで センサーとディスプレーで多くの事ができます。
_  メイン基板の ESP32 を ESP-WROOM-32 に交換する。
_  Proto Board に ESP-WROOM-32 を搭載する。
_  ESP32 without TELEC でなく ESP-WROOM-32 のボードを作る。
_  等々、いろいろアイデアがあると思います。

_ 気になる点:ディスプレーの左端の表示が ケースの枠で 半文字程見えない。
_  使用時はスケッチでの工夫が必要です。
_  小型化の為に こういうギリギリの事がでてきますね。

_ 価格高沸:2017.09.20 追記。追加購入かと思いきや、とんでもない事が。
_   Aliexpress HwaYeh Store は $38.00 から $88.00 と +$50 高くなりました。
_   Aliexpress Fruit Pi  Store は 一時在庫無し表示でしたが 夜に表示され
_   +$50 された価格になりました。この高価格では高過ぎて商品価値は
_   ありません。追加購入はやめて 他の低価格商品を目指します。
_  販売実績メモ:合計 54個。2017.09.20現在。
_   HwaYeh Store:12人 23個。Fruit Pi Store:19人 31個。
_   内 TH の S***n.T. は HwaYeh Store と Fruit Pi Store 共に 10個購入。
_   M5STACK Community:Where is m5stack available for purchase?
_    で話がでています。

追記:2017.10.24
公式の M5STACK Store ができ、結果、初期の販売店 及び ボードのみの販売店も
_ 偽物である事が判明しました。
_ 尚、without TELEC ですから 送信せずに 表示器として使用したいと思います。


広告

Written by macsbug

9月 15, 2017 @ 12:00 pm

カテゴリー: ESP32

コメント / トラックバック4件

Subscribe to comments with RSS.

  1. M5STACKめっちゃ気になりますね。いつも貴重な情報をありがとうございます!

    MAKE201

    10月 29, 2017 at 6:54 pm

    • MAKE201さん、サイトの訪問をありがとうございます。
      この製品を設計製作販売をしている M5STACKチームを応援したいものです。
      オールインワンですので価格が高めになりますが、分解してみると複数の装置が組み込まれ、自作する事を考えると 安いとも言えます。
      応用事例を見ますと ケース入りで出来具合の素晴らしい物が出来ていますね。

      怪しい販売店では メイン基板のみで販売している所がありますが 重要なケースがないですから ペイするか解りません。
      ESP32 2 inch LCD 1W SPEAKER:$19.90。
      M5STACK のコピー品と思われるメインボード が 9月16日 から Aliexpress に登場。
      販売は3社 Seatechnolgy Store($19.9), FACE-TO-FACE Electronic($20), Lily GO($20) から発売。
      ただし、その後 この販売は消えてリンクも無くなりました。
      https://www.aliexpress.com/wholesale?catId=0&initiative_id=&SearchText=ESP32+2+inch+LCD+1W+SPEAKER

      macsbug

      10月 29, 2017 at 7:07 pm

      • 自分はESP8266ベースでI2CのOLEDや、ADS1015ボードを組み合わせ、ローコストの計測器を
        作成しています。基板は切削マシンを使ってますが、3Dプリンタで作成したケースに収めたりと、
        非常に親近感を感じております(というか情報源にさせていただいてます)。

        生体計測なので、できるだけウェアラブルにしたいのですが、いろいろ付けるとそこそこ大きく
        なってしまいますよね。M5STACK は拡張性もあり、自分のような用途には理想的なものに思えます。
        ところでESP32MiniKitも魅力的ですね。ESP32にすげ替える誘惑に駆られます。
        (その前に今やってるプロジェクトを完成させろという話なのですが)

        MAKE201

        10月 31, 2017 at 12:47 am

      • MAKE201さん
        完成にはケースが必要で 3Dプリンターは 初期のMakerBot を使用しています。
        切削マシンをお持ちとの事で羨ましく思っています。
        現在、切削マシン と 高精度の3Dプリンター を望んでいるのですが メンテナンスを含めた国内購入先が解らず購入に至っていません。
        私も ESP8266 の構成で 16bit ADS1115 と I2C OLED で ローコスト計測器に興味がある事と 言われる様に装置の小型化は必要ですね。
        さらに ESP32 は ADC が多数有る事や 差動ゲインアンプがあり 注目しています。
        例として 多数のADC と 脈波センサーを組み合わせた 生体計測にも興味があり 課題としては ADC や 差動アンプのリニアリティー処理が必要で先に進んでいません。
        MAKE201さんと 興味ある範囲が似ており親しみを感じます。これからもよろしくお願いしますね。
        M5STACK の拡張性は 小型で縦にも横にも拡張できる 理想的なデザインで 現在追加購入中です。
        言われる様に M5STACK の ESP-WROOM-32版を作りたいとか ESP32MiniKitで小型板とか衝動にかられています。
        そう考えながら「その前に今やってるプロジェクトを完成させろという話」は まったく同じに考えている次第です。
        いくつか工作しているものの完成に至らなくなると 新しい物に目が行ったり とか寄り道してしまいます。

        macsbug

        10月 31, 2017 at 11:17 am


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。