macsbug

Archive for the ‘ESP8266’ Category

List of 2017

leave a comment »

2017年度リスト                         2019.12.31

2017年の記事をリストにしました。

Date View TiTle / Content cost
2017
12/31

Audio Spectrum Display with M5STACK

M5StackでAudio Spectrum DisplayGPS

322円
2017
12/26

GPS CLOCK with M5STACK

M5StackとGPS ModuleでGPS時計

6939円
2017
12/20

New Modules by Espressif Systems 2017.12

Espressif Systems による
4つの新しいモジュール

2017
12/14

M5STACK TELEC information

TELEC 番号:211-171004

3437円
2017
11/04

M5STACK work collection

M5Stack 作品事例集

2017
11/02

Arduino Library List

Arduino Library List
508人の著者による ライブラリー集

2017
09/15

M5STACK

M5Stackは オールインワンで
迅速な製品開発キット:購入

3977円
2017
09/15

M5Stack fake

M5Stackが販売前のメインボード

2262円
2017
09/07

1.54 inch e-Paper Display with ESP32

1.54″ e-Paper 200×200 SPI display を ESP8266, ESP32で動かす

1831円
2017
08/12

TFT display for Raspberry pi with ESP32

3.5 ” 480×320 SPI TFT RPi touch Display
を ESP32 で動かす

2265円
2017
07/10

ESP32 MiniKit

MH-ET LIVE「 ESP32 MiniKit 」

858円
2017
06/01

1.3inch SH1106 OLED Display in X-32

1.3″ 128×64 I2C SH1106 OLED Display
を X-32 で動かす

1635円
2017
05.26

Power switch to WEMOS LOLIN32 V1.0.0

WEMOS LOLIN32 V1.0.0
電源スイッチを取り付ける

1145円
2017
05/28

Pocket 32

WEMOS WiFi & Bluetooth Battery ESP32 development tool 発売開始

1145円
2017
05/16

18650 Battery Capacity

18650バッテリー は どの製品を購入すべきか

2017
05/15

D-duino-32 and Lolin ESP32 OLED wemos

Lily GOからLolin ESP32 OLED wemos 発売

1195円
2017
05/10

Pocket 8266 D1 mini WIFI Module

ポケットサイズの ESP8266 ボード

854円
2017
05/08

BATTERY and Battery Interface of WeMos LOLIN32

バッテリーとチャージ回路、ミラー回路

2017
04/21

WeMos LoLin32 V1.0.0

WEMOS CC Store から「LOLIN32
4月20日 発売開始

947円
2017
04/18

Lolin32

WEMOS Lolin32 発売

921円
2017
03/31

ESP-WROOM-32 Breakout by Magic Pot

魔法の大鍋 氏 設計製作:
ESP-WROOM-32 Breakout v2 r6。

2017
03/24

Try ESP8285

ESP8285 WeMos D1 mini Lite を試す

335円
2017
03/09

ESP-WROOM-32 ブレークアウトボード

こばさんのブレークアウトボード を作る

250円
2017
03/06

The cheapest ESP32 Development Board

最も安いESP32 Development Boardの構成

1351円
2017
03/01

USB ISOLATOR

iMac の USB を 保護する為に
USB ISOLATOR を使用

2235円
2017
02/25

ESP-WROOM-32 and ESP32 Adapter Board

ESP32 Adapter Board を作る

738円
2017
02/11

ESP32 Adapter Board and TFT Display

ESP-WROOM-32 ボードで
TFTディスプレーを組み上げる

1215円
2017
02/03

Write to ESP-WROOM-32 with Adapter Board

ESP32 Adapter Board で
ESP-WROOM-32 に書き込む

610円
2017
02/03

Write to ESP-WROOM-32 with Adapter Board

ESP-WROOM-32 発売記念写真

700円
2017
01/29

Weather meter on iPad

iPad を気象計
TouchOSC アプリ

1293円
2017
01/04

Easter Egg of ESP32

ESP32 イースター・エッグ:
ESP32 TinyBasic Plus
ESP32のROMにベーシック
インタープリターが隠されています

 


感想:

 


 

Written by macsbug

12月 31, 2019 at 5:20 pm

カテゴリー: ESP32, ESP8266, M5STACK, New Infomation

List of 2016

leave a comment »

2016年度リスト                        2019.12.31

2016年の記事をリストにしました。

Date View TiTle / Content cost
2016
12/27
Raytracing with ESP32

ESP32で レイトレーシング を試す

2016
12/17

2.4 Inch TFT Display For ESP32

ESP32で TFT Displayを使用する

3337円
2016
12/12

ESP32 Development Board with TELEC Memorial photograph

ESP32 Development Board
到着記念写真
ESP-WROOM-32 , 211-161007

$21.05
2016
12/19

Watch the ESP32 board

2016年12月現在の ESP32 Development Boards 一覧表

2016
12/08

Try IMU with MPU6500 and ESP8266

MPU6500と SP8266でIMUを試す

1306円
2016
12/05

CH340 with EI Caption

Mac OS X EI CaptionでCH340を試す

2016
12/04

Investigate Degrees Of Freedom

加速度センサーの調査

2016
12/03

ESP32 with TELEC will be released.

ESP32の技適対応版が販売開始
技適番号は「211-161007」

2016
11/30

CH340 kernel crash memorandum

USB to serial chip CH340
マックでカーネルクラッシュを起こす

2016
11/20

Communicate ESP8266 and iPad directly with UDP

ESP8266とiPadをUDPで直接通信

2016
11/15

Digital Compass HMC5883L with ESP8266

ESP8266 + HMC5883L で
デジタル・コンパス を作る

927円
2016
11/09

GPIO Port of ESP32

NANO32 の GPIO PORT を調べる

2016
11/03

ESP32 Beginning

Nano32 を試す

2016
10/30

0.95″ 96×64 Color OLED in ESP8266

9.5″ 96×64 Color OLEDを
ESP8266で動かす

928円
2016
10/23

1.8″ 128×160 Color TFT in ESP8266

1.8″ 128×160 Color ST7735Bと
ESP8266 でアナログ時計を作る

859円
2016
01/01

1.44″ 128×128 Color TFT in ESP8266

1.44″ 128×128 SPI Color Display
を ESP8266 で動かす。
Squix TechBlog の Font Converter

278円
2016
10/07

DS3231 RTC in ESP8266

ESP8266 + DS3231 RTC + OLED
でデジタル時計を作る

90円
2016
09/25

VL6180X distance sensor in ESP8266

VL6180X 距離センサーを
ESP8266で動かす

1582円
2016
09/24

YEN rate displayed in Pythonista3

円レートを iPad に表示するアプリを
Pythonista 3 で作る

2016
09/01

WEMOS D1 mini Pro

新製品情報
WEMOS D1 mini Pro。
販売台数。

346円
2016
08/28

Pythonista Beginner : Part 3

GitHubから repo を
ダウンロードする方法。
「GitHubGet.py」を試す。

2016
08/23

How to install OS X

OS X をインストールする方法

2016
08/15

Pythonista Beginner : Part 2

GitHubのファイルをPythonista 3に
ダウンロードする方法

2016
08/08

Display the graph on the iPad

ESP8266 のセンサーを
iPad でグラフ表示する

2016
08/02

Pythonista Beginner : Part 1

Pythonista 3 ことはじめ。
「ファイルの取り扱い方法」

2016
07/29

ESP8266 of sensors to display to the iPad

ESP8266 に接続した
センサーの値を iPad に表示

2016
07/28

Control the ESP8266 in iPad

iPadでESP8266をコントロールする
iPadアプリ。Pythonista 3

1200円
2016
07/13

WA-MIKAN

WA-MIKAN(和みかん) 基板は
8月に秋月で販売予定

2016
07/13

Learning ESP8266

Learning ESP8266」を
2017年1月に出版するとの事。
結果、中止となる。

2016
06/20

ESP8266 of error message

ESP8266 でシリアルモニターに
エラーメッセージがでる
意味やクラッシュする件を調べる

2016
05/02

Try the numeric keypad of TFT LCD in ESP8266

ESP8266 による TFT LCD
タッチパネル の テンキーを試す

2016
04/25

How to touch operation of the TFT LCD in ESP8266

240×320 SPI TFTのタッチパネルを
ESP8266 で使用する

2016
04/20

Try ESP8266 Adafruit_ILI9341 again

ESP8266 で TFT を動かす為の
Adafruit_ILI9341 を再度 検証

2016
04/18

How to use the UTFT Library the TFT LCD in ESP8266

ESP8266 と 240×320 SPI TFTを
UTFT Library で使用する方法

2016
04/10

ESP8266 weathestation and wireless power supply

D1 mini をワイヤレス給電で動かす

2016
04/09

D1 mini と OLED をワイヤー無しで組み立てる

 

2083円
2016
04/09

D1 mini information of April 2016

2016
04/06

Part 2 of the FM radio in the ESP8266

FM Radio TEA5767 を
mroger / TEA5767
ライブラリーで作る

2016
04/04

Make the FM Radio in ESP8266

TEA5767 FM Stereo Radio と
ESP8266 で FM Radio を作る

2016
04/01

Using the WeMos I2C OLED 64×48

WeMos I2C OLED 64×48 Shield
を D1 mini で使う

2016
03/31

Try ArduCam in ESP8266

ArduCAM Mini を D1 mini で動かす

2935円
2016
03/26

Basis to learn from D1 MINI

D1 mini の Micro SD Sheeld を試す

2016
03/24

D1 mini を技適対応にする。

ESP8266 を TELEC 化する方法

2016
03/21

Modification of SSD1306 library to be used for I2C OLED

「Adafruit-GFX.h」ライブラリー
「drawLine」命令の追加

2016
03/20

I2C OLED 128×64 SSD1306 in ESP8266

ESP8266 で I2C OLED 128×64 SSD1306
を動かす

2016
03/15

Make a voltmeter in the ADS1115 and ESP8266

ESP8266 と 16bit 4ch I2C ADC
ADS1115 で DC Voltmeter を作る

2016
03/05

WeMos シールド基板

2016
03/02

Let’s make a case of ESP8266

ケースを UV レジンで作る

2016
02/27

消えたボード

ESP-12F WIFI Wireless Serial Ports
ESP8266 Development Board
が消える

2016
02/21

ステップ10で組み上がる D1 mini 組み立て

 

1937円
2016
02/19

ESP8266 で 1MHz 50%duty を出力する

 

2016
02/18

ESP8266 Direct Access Port で Lチカ

ESP8266 の GPIO を直接操作

2016
02/16

ESP8266 の GPIO 速度

ESP8266(32bit 80MHz)は
Arduino UNOより5倍速い

2016
02/13

ESP8266 FTDI Auto Program

ESP8266 のスケッチを
自動で書き込む方法

2016
02/13

ESP8266 の Power-on Sequence と Power Reset

CH_PD端子には 1KΩプルアップ抵抗
と100nFのコンデンサーを付ける事

2016
02/10

ESP8266 の プルアップ抵抗

ESP8266 の I2C プルアップ抵抗

2016
02/07

iMac27インチの故障と復活

iMac 27-inch Mid 2010 が故障し
復帰するまでのお話

6000円
2016
02/05

i2C 16bit ADC 4ch ADS1115 in ESP8266

ADS1115:16-Bit ADC – 4 Channel with Programmable Gain Amplifier

339円
2016
01/26

Analog to Digital Converter MCP3002 in ESP8266

MCP3002:
SPI 10bit 2chAD Converter

2016
01/21

CH340G USB Serial Module in OSX

Mac OS X 10.8.5 Mountain Lion に
CHR340G USBシリアルモジュール
を接続するといきなりマックが停止

2016
01/16

3D CUBE with ESP8266 and OLED

 

2016
01/14

AUTO UART Download Mode of ESP8266

書き込みを自動化する方法

2016
01/13

WEATHER UNDERGROUND Station of ESP8266

SquixTechBlogWeatherStationDemo
を試す

2016
01/12

Weather Station of ESP8266

SquixTechBlog の ESP8266:
Weather Station V2 Code
published を試す

2016
01/11

WORLD CLOCK of ESP8266

SquixTechBlog の ESP8266
Weather Station: World Clock
Demo を試す

2016
01/10

IoT of Adafuruit

Adafurit の IoT(Internet of Things)
を試す

 


感想:

 


Written by macsbug

12月 31, 2019 at 5:09 pm

カテゴリー: ESP32, ESP8266, New Infomation

List of 2015

leave a comment »

2015年度リスト                        2019.12.31

2015年の記事をリストにしました。

Date View TiTle / Content cost
2015
12/19

Environmental Sensor (環境センサー)

温度, 湿度, 気圧, 埃センサーを作る

2015
12/18

SSD RAID 0

iMac 27インチ 2010 Mid Core i7 の

2015
12/15

Dust sensor investigation

埃センサーの調査と結果

2015
12/05
ESP8266 + RTC + NTP デジタル時計

ESP8266 + DS1307 RTC + OLED
でデジタル時計を作りケースに納める

2015
12/03

DS1307 RTC を ESP8266 + UTC(JST)で初期化

I2C DS1307 RTC の日時を NTP(JST) で設定

2015
12/02

ESP8266 + I2C DS1307 RTC + OLED

2015
12/01

ESP8266+BME280+IR LED+Air Con+ThigSpeak

エアコンの自動化

2015
11/29

赤外線LEDリモコンの製作

赤外線LEDに接続する抵抗値を計算する

2015
11/17

NTPcube ( ESP8266 + OLED )

NTPサーバから時刻を取得しOLEDに表示

2015
11/14

ESP8266+BME280+OLED+BOX

温度、湿度、気圧を OLEDに表示

2015
11.05

ESP-WROOM-02 ファームウェアアップデート

スケッチ書き込み, ATコマンド

2015
11/02

ESP8266 WiFi Scan のケースを作る

WiFi Scan は 周囲の WiFi SSID を繰り返し表示

2015
11/02

ESP8266WiFi のサンプルを試す:WiFiScan

ESP8266 のサンプルが動く事を確かめる

2015
11/01

ESP8266 + AE-BME280 + ThingSpeak

温度,湿度,気圧を
ThingSpeak へ送りグラフ表示

2015
10/24

ESP8266 と I2C

ESP8266 I2C の配線とプログラム方法

2015
10/21

ESP8266 ファームウェアアップデート

AT コマンドを使えるようにする

2015
10/19

ESP8266+NTPCliantで時刻を取得しOLEDに表示

ESP8266 + NTPCliantESP8266 + OLED
で NTP時計を作る

2015
10/18

ESP8266 単体で I2C OLED を動かす

ESP8266で OLEDを簡単に使えるようにする

2015

10/18

ESP8266WiFiのサンプルを試す:mDNS_Web_Server

ESP8266 のサンプルが動く事を確かめる

2015
10/07

ESP8266WiFi のサンプルを試す:NTPCliant

ESP8266 のサンプルが動く事を確かめる

2015
10/17

ESP8266WiFi のサンプルを試す:WiFiAccessPoint

ESP8266 のサンプルが動く事を確かめる

2015
10/17

ESP と BME280 と ThingSpeak で IOT

ThingSpeak で 温度,湿度,気圧 をモニターする

2015
10/03

Analog Discovery 購入

DIGILENT Analog Discovery の使用方法

46989円
2015
09/13

ESP-12 ESP8266 Wi-Fi Shield for Arduino

2015
09/11

TI SensorTag と iPhone、iPad

TI SensorTag を iPad BLE通信で動かす

3427円
2015
08/29

codebenderでブラウザーからArduinoを動かす

codebendor は ブラウザーでArduinoの
プログラムの編集とアップができる

2015
08/22

Proximity Sensor of Arduino

APDL-9960 近接センサーを試す

2053円
2015
08/21

ESP8266 耐久テスト

ブラウザーにボタンを表示し
双方向の通信を行う

2015
08/13

ESP8266の消費電流とARDUINOの3.3V出力電流

Arduino の 3.3V 出力電流は
どのくらいの物があるか

2015
08/08

Arduino + ESP8266 BAUDRATE

Arduio + ESP8266 で
使用可能なBaudRate のまとめ

2015
08/14

Arduino DUE or MEGA + ESP8266 で 115200bps

115200 bps で動作を確認

2015
08/02

BUONO UNO R3 + ESP8266 で 57600bps

57600 bps で動作確認

2015
08/01

Arduino Uno の 3.3V出力電流について

Arduino Uno は
メーカとバージョンの記載が必要

2015
08/01

ESP8266MOD(ESP-12) of Ai Thinker

いつものWEB Serverは動作した

2015
07/30

Cactus Micro Arduino compatible plus WIFI esp8266

Cactus Micro =Arduino Leonald +
ESP8266(ESP-11)を試す

2015
07/28

ArduinoだけでESP8266を設定する方法。

2015
07/23

OSX Yosemite + Arduino 開発環境 (Development environment)

OSX YosemiteでArduino UNOを認識させる

2015
07/11

Nextion TFT HMI 到着レポート

NX4827T043_011R

$30
2015
07/11

DYNAMIC RANGE Mesurement of HTBasic

HTBasicでスピーカーの
ダイナミックレンジ測定アプリを作る

2015
07/10

3D Printer Review

2015
06/23

サロベツ原野

2015
05/30

CoolTearm で ESP8266 の SSID を設定する。

2015
05/17

匿名検索する方法

2015
05/17

LED RING for Arduino

RGB LED WS2812 で LED RING を作る

2015
05/10

Arduinoの電源をワイヤレス化

ワイヤレス給電

2015
05/08
ESP8266 for Arduino ことはじめ。 240円
2015
04/26

温度、湿度、気圧計を簡単に済ます方法。

センサー2個付きの製品

4117円
2015
04/26

ヒャッカソン:Fiber Light interior for Arduino

百均のFiber Light interior

2015
04/23

石垣島と竹富島

羽田空港から石垣空港まで約3時間半

2015
04/03

Digispark TINY85 備忘録

2015
04/03

Arduino nano + USB Serial Chip CH341 備忘録

Arduino nano CH340Gのメモ

2015
03/29
trinket_Trinket_5V.jpg

Arafruit Trinket 備忘録

2015
03/28

インフィニティミラー ( Infinity mirror ) Ver 2

2015
03/21

工作台の購入

4629円
2015
03/20

インフィニティミラー ( Infinity mirror )

3170円
2015
03/16

指紋センサー ( Fingerprint Sensor )

3661円
2015
03/11

MicroViewでApple Watch?

2015
03/09

USB HUB 顛末記

2015
03/07

HCMS-2921 LED DISPLAY + DS1307 RTC for Arduino UNO

2015
02/26
沖縄 2015.02 GPS軌跡
2015
02/20

HCMS-2921 LED DISPLAY + DS1302 RTC for Arduino UNO

HCMS-2921 LED DISPLAY を動かす

2015
02/15

3D PRINTER 備忘録

2015
02/06

FC-04 回路メモ

回路図

2015
02/01

8ch Analog Monitor のケースを作り、スッキリ

2015
01/31
Kinoma Create で エアコンを自動化
2015
01/29

SplitRadixRealP FFT Analyzer of Arduino DUE

Arduino DUE で
SplitRadixRealP FFT Analyzer を製作

2015
01/29

ちょっと遊べる小道具リスト

2015
01/25

Kinoma Create で遊べる小道具

2015
01/24

Kinoma Create と Arduino DUE で FFT ?

2015
01/22

Kinoma Studio ver 1.3.33.3 & Pin Exploler

2015
01/19

Kinoma Create はじめの問題点

2015
01/11

Kinoma Create:Camera を試す

Kinoma Create SamplesCamera を試す

2015
01/11

Arduino と Kinoma Create の命令互換

2015
01/11

HardWare of Kinoma Create 備忘録

2015
01/11

8ch Analog Monitor for Arduino MEGA 2560 + TFT 3.5 int

8ch アナログ・モニターの製作

2015
01/10

Kinoma Create Front Pins 備忘録

2015
01/10

FFT Audio Analyzer for Arduino MEGA + TFT 3.5int

2015
01/10

Kinoma Studio で、サルでもできる OS X Application

2015
08/14
37 in 1 Sensor Modules Kit for Arduino or Kinoma Create

 


感想:

 


 

Written by macsbug

12月 31, 2019 at 5:08 pm

カテゴリー: Arduino, ESP8266, New Infomation

M5STACK and mini bread board

leave a comment »

M5STACK と mini bread board をレイアウトしてみました。      2018.06.04


準備:

1. mini bread board:3個

2. ピンソケット:3個

_ ピンを 長さを加工したり 90度に加工して ブレッドボードに挿します。


ミニブレッドボード に ピンソケットで 一輪挿し。


感想:

ブレッドボードは あまり使用しませんが 簡単にできます。


Written by macsbug

6月 4, 2018 at 7:57 am

カテゴリー: ESP32, ESP8266, M5STACK

Audio Spectrum Display with M5STACK

with 6 comments

M5STACK で Audio Spectrum Display を作りました。            2017.12.31

音をディスプレー にスペクトラム表示します。
音を「Sound Detection Sensor 」( FC-04 ) ( 322円 ) で受けて、その信号を
M5STACK の GPIO36 に入力し スペクトラム を ディスプレー に 表示します。

スケッチ:
_ tobozo氏の「ESP32_Spectrum_Display_03.ino」を M5STACK に移植しました。
_ tobozo氏のソースは G6EJD氏の「ESP32_Spectrum_Display_02.ino」です。
_ 謝辞:G6EJD氏 と tobozo氏に感謝致します。

_ tobozo氏の使用した ディスプレーは 128×64 OLED SSD1306 です。
_ M5STACKのディスプレーは 320×240 TFT ILI9341 です。


.
準備:

No  Nomen  Link、Description   Price
1  M5STACK BASIC  Aliexpress:M5Stack Store ( $33.25 ) ( SALE )  3767円
2  Sound Detection Sensor  
2  ebay:shieldsfans ( AU $1.00)   88円
2  ebay:alice1101983 ( US $0.99)  112円
2  Ali:3C Top-rated Seller (US $0.79)  112円
4  ピンソケット(メス)
1×8 ( 8P )
 秋月電子通商    30円
5  切れる基板
0.3mm厚 両面スルーホール
ユニバーサル基板
 秋月電子通商    60円
 —————————–  ————————————————-   ——
6  G6EJD/
_ Audio-Spectrum-Display
  ESP32_Spectrum_Display_03.ino
7  kosme/arduinoFFT   arduinoFFT

.


.
配線:
GPIO36 は入力専用で SENSOR_VP と言う名前です。
参考:ESP32 Hardware Design Guidelines:Page 27 4.1.2 Pin Definition

_ VCC(FC-04) = 3V3(M5), GND = GND, OUT = AD(GPIO36)へ接続します。
_ FC-04 の電源は 3.3V で使用します。
_ FC-04 の出力は ESP32 のGPIO36 ( SENSOR_VP ) へ入ります。

秋月のハサミで切れる基板と ピンソケットで製作しました。

FC-04の調整:
_ FC-04 のボリュームの調整は 電源を入れ 緑のLEDが点滅する
_ 場所に設定します。スペクトラム表示を見ながらも調整してください。


.
マイクとアンプ:
マイクのアナログ信号は 最適な値である事が 重要です。
_ 以下5つを試し使用できる製品は 左の「FC-04」という製品でした。
_ 販売:右は 秋月電子通商の製品です。他は ebay や Aliexpress です。
_ FC-04 以外は ゲインレベルが正しく取れず 表示範囲が狭いです。
_ 原因は ゲインが取り難い事や飽和しやすく動作範囲が狭い為です。
FC-04:OUT はアナログでは無くデジタルです。何故 デジタルが 動作に
_ 適しているか 分析していません。

_ tobozo氏は 以下の様に述べています。
_「正しい結果が得る方法は、約50mV〜100mV pk-pkのオーディオを
_ DCオフセットなしでADCポートに直接供給することです。」

マイクアンプについての 記事は macsbug:「 FC-04 回路メモ 」にあります。


.
スケッチ変更内容:
_ 1. 「tft.drawFastHLine」を「M5.Lcd.drawFastHLine」に変更します。
_ 2. 「tft.fillRect」 を「M5.Lcd.fillRect」に変更します。
_ 資料:M5STACK の命令は 「M5Stack.h」に定義されています。


.
M5STACK analogRead 時の Speaker nois 問題と解決方法。
問題:analogRead() 時に Speaker (GPIO25) からノイズがでます。
_  例:vReal[i] = analogRead(A0);
方法:dacWrite(25, 0); // Speaker OFF //
解説:
_ GPIO25 (Channel 1) と GPIO26 (Channel 2) は two 8-bit DAC
_ (digital to analog converter) channels です。( 16bit )。
_ GPIO25 の 出力 (サウンド) は NS4148 AUDIO AMPLIFER に入り
_ AUDIO OUTPUT は SPEAKER に接続さています。
_ 資料:M5STACKの回路図
_ 資料:ESP32 Datasheet:Page 8, 2.2 Pin Description:GPIO25=DAC_1
_ GPIO25 は DAC端子ですので dacWrite(25, 0); で出力を制御します。
_ 信号解析:GPIO25 は 無音で 3mVac、analogRead(A0),で 10mVac 発生し
_ スピーカーからプツプツ音がでます。電源は問題なく GPIO25 からの出力
_ が原因の様です。


.
参考:
Github:G6EJD/ESP32-8266-Audio-Spectrum-Display
Github:tobozo/ESP32-8-Octave-Audio-Spectrum-Display
YouTube:G6EJD:Tech Note 077 – ESP32 8-Octave Audio Spectrum Display
YouTube:tobozo tagada:ESP32 Audio Spectrum from saturation to silence
YouTube:tobozo tagada:ESP32 Audio Spectrum on WROVER Kit V3
YouTube:Tech Note 069 – Using the ESP32 ADC and some of its more advanced functions
_ ADCの使用方法、線形性の説明、減衰設定の説明、ADCチャンネルで
_ 使用されるピンの変更方法を示し、多項式を使用して精度を1%未満に
_ 改善する関数を示します。
G6EJD / ESP32-ADC-Accuracy-Improvement-function

macsbug:SplitRadixRealP FFT Analyzer of Arduino DUE
_ Arduino Due + SplitRadixRealP の例。


.
ESP32 MH-ET LIVE D1 mini + OLED 128×64 で Audio Spectrum Display を製作しました。
_ QI で ワイヤレス電源にしてみました。
_ macsbug:Arduinoの電源をワイヤレス化
価格:ESP32 MH-ET LIVE D1 mini: $7.2 ( 811円 )
価格:OLED 128×64:$2.91 ( 328円 )


.
感想:
1.  ESP32 による「ESP32 Spectrum Display」
_ 基本は G6EJD氏により「ESP32_Spectrum_Display_01.ino」と
_  ESP32_Spectrum_Display_02.ino」が作成されました。そして
_ tobozo氏により「ESP32_Spectrum_Display_03.ino」が作成されました。
_ 基本と高速化に G6EJD氏 と tobozo氏 に感謝致します。

2. マイクとアンプ:
_ 音のサンプリングはゲインと帯域がないと 充分に機能しません。
_ 動作範囲の広いボードを使用するべきですが 最善のボードが見つかりません。
_ 課題: AGC機能のあるアンプを使用する必要があると思います。
_ 現在 他のボードを注文 及び 調査中です。

3. M5STACK の ケース。
_ M5STACK はケースが綺麗で素晴らしいです。
_ PROT Module は ありますが REAR CASE がありません。
_ M5STACK の強みは綺麗さです。綺麗に仕上げる為に 本体周辺の部品や
_ ケースを販売して欲しいです。止めネジや やや斜めに於ける台も欲しいです。
_ Jimmy Lai さん に期待しています。

4. FC-04の電源:
_ VCC = 5V での検証はしていません。

5. メモ:高速抽画。
_ 全画面消去の「M5.Lcd.fillScreen」を使用するとチラつきが発生します。
_ 対策は「M5.Lcd.fillScreen」を使用せず 同じ抽画を2度操作します。
_ 横線の高速抽画:
_  1. 前回の線を「drawFastHLine」+ 黒で抽画する。
_  2. 今回の値を前回に保存。
_  3. 今回の線を「drawFastHLine」で 抽画する。
_ 横線複数の高速抽画:
_  1. 前回の線全てを「fillRect」+ 黒で塗りつぶす。
_  2. 今回の値を前回に保存。
_  3. 今回の線を「drawFastHLine」で 抽画する。


.
スケッチ:audio-spectrum-display-with-m5stack

/* ESP8266/32 Audio Spectrum Analyser on an SSD1306/SH1106 Display
 * The MIT License (MIT) Copyright (c) 2017 by David Bird. 
 * The formulation and display of an AUdio Spectrum using an ESp8266 or ESP32 and SSD1306 or SH1106 OLED Display using a Fast Fourier Transform
 * Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software and associated documentation files 
 * (the "Software"), to deal in the Software without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, merge, 
 * publish, distribute, but not to use it commercially for profit making or to sub-license and/or to sell copies of the Software or to 
 * permit persons to whom the Software is furnished to do so, subject to the following conditions:  
 * The above copyright notice and this permission notice shall be included in all copies or substantial portions of the Software. 
 * THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES 
 * OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS OR COPYRIGHT HOLDERS BE 
 * LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN 
 * CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE. 
 * See more at http://dsbird.org.uk 
*/
// https://github.com/tobozo/ESP32-8-Octave-Audio-Spectrum-Display/tree/wrover-kit
// https://github.com/G6EJD/ESP32-8266-Audio-Spectrum-Display
// https://github.com/kosme/arduinoFFT
// https://macsbug.wordpress.com/2017/12/31/audio-spectrum-display-with-m5stack/
// Audio Spectrum Display : 2017.12.31 macsbug

#include "arduinoFFT.h"          // Standard Arduino FFT library 
arduinoFFT FFT = arduinoFFT();
#include <M5Stack.h>
#define SAMPLES 512              // Must be a power of 2
#define SAMPLING_FREQUENCY 40000 
// Hz, must be 40000 or less due to ADC conversion time.
// Determines maximum frequency that can be analysed by the FFT Fmax=sampleF/2.

struct eqBand {
  const char *freqname;
  uint16_t amplitude;
  int peak;
  int lastpeak;
  uint16_t lastval;
  unsigned long lastmeasured;
};

eqBand audiospectrum[8] = {
  //Adjust the amplitude values to fit your microphone
  { "125Hz", 500, 0, 0, 0, 0},
  { "250Hz", 200, 0, 0, 0, 0},
  { "500Hz", 200, 0, 0, 0, 0},
  { "1KHz",  200, 0, 0, 0, 0},
  { "2KHz",  200, 0, 0, 0, 0},
  { "4KHz",  100, 0, 0, 0, 0},
  { "8KHz",  100, 0, 0, 0, 0},
  { "16KHz", 50,  0, 0, 0, 0}
};

unsigned int sampling_period_us;
unsigned long microseconds;
double vReal[SAMPLES];
double vImag[SAMPLES];
unsigned long newTime, oldTime;
uint16_t tft_width  = 320; // ILI9341_TFTWIDTH;
uint16_t tft_height = 240; // ILI9341_TFTHEIGHT;
uint8_t bands = 8;
uint8_t bands_width = floor( tft_width / bands );
uint8_t bands_pad = bands_width - 10;
uint16_t colormap[255]; // color palette for the band meter (pre-fill in setup)

void setup() {
  M5.begin();
  dacWrite(25, 0); // Speaker OFF
  M5.Lcd.fillScreen(TFT_BLACK);
  M5.Lcd.setTextColor(YELLOW, BLACK);
  M5.Lcd.setTextSize(1);
  M5.Lcd.setRotation(1);
  sampling_period_us = round(1000000 * (1.0 / SAMPLING_FREQUENCY));
  delay(2000);
  for(uint8_t i=0;i<tft_height;i++) {
    colormap[i] = M5.Lcd.color565(tft_height-i*.5, i*1.1, 0);
  }
  for (byte band = 0; band <= 7; band++) {
    M5.Lcd.setCursor(bands_width*band + 2, 0);
    M5.Lcd.print(audiospectrum[band].freqname);
  }
}

void loop() {
  for (int i = 0; i < SAMPLES; i++) {
    newTime = micros()-oldTime;
    oldTime = newTime;
    vReal[i] = analogRead(36); // A conversion takes about 1uS on an ESP32
    vImag[i] = 0;
    while (micros() < (newTime + sampling_period_us)) { 
      // do nothing to wait
    }
  }
  FFT.Windowing(vReal, SAMPLES, FFT_WIN_TYP_HAMMING, FFT_FORWARD);
  FFT.Compute(vReal, vImag, SAMPLES, FFT_FORWARD);
  FFT.ComplexToMagnitude(vReal, vImag, SAMPLES);

  for (int i = 2; i < (SAMPLES/2); i++){ 
    // Don't use sample 0 and only first SAMPLES/2 are usable. 
    // Each array eleement represents a frequency and its value the amplitude.
    if (vReal[i] > 1500) { // Add a crude noise filter, 10 x amplitude or more
      byte bandNum = getBand(i);
      if(bandNum!=8) {
        displayBand(bandNum, (int)vReal[i]/audiospectrum[bandNum].amplitude);
      }
    }
  }
  
  long vnow = millis();
  for (byte band = 0; band <= 7; band++) {
    // auto decay every 50ms on low activity bands
    if(vnow - audiospectrum[band].lastmeasured > 50) {
      displayBand(band, audiospectrum[band].lastval>4 ? audiospectrum[band].lastval-4 : 0);
    }
    if (audiospectrum[band].peak > 0) {
      audiospectrum[band].peak -= 2;
      if(audiospectrum[band].peak<=0) {
        audiospectrum[band].peak = 0;
      }
    }
    // only draw if peak changed
    if(audiospectrum[band].lastpeak != audiospectrum[band].peak) {
      // delete last peak
     M5.Lcd.drawFastHLine(bands_width*band,tft_height-audiospectrum[band].lastpeak,bands_pad,BLACK);
     audiospectrum[band].lastpeak = audiospectrum[band].peak;
     M5.Lcd.drawFastHLine(bands_width*band, tft_height-audiospectrum[band].peak,
                           bands_pad, colormap[tft_height-audiospectrum[band].peak]);
    }
  } 
}

void displayBand(int band, int dsize){
  uint16_t hpos = bands_width*band;
  int dmax = 200;
  if(dsize>tft_height-10) {
    dsize = tft_height-10; // leave some hspace for text
  }
  if(dsize < audiospectrum[band].lastval) {
    // lower value, delete some lines
    M5.Lcd.fillRect(hpos, tft_height-audiospectrum[band].lastval,
                    bands_pad, audiospectrum[band].lastval - dsize, BLACK);
  }
  if (dsize > dmax) dsize = dmax;
  for (int s = 0; s <= dsize; s=s+4){
    M5.Lcd.drawFastHLine(hpos, tft_height-s, bands_pad, colormap[tft_height-s]);
  }
  if (dsize > audiospectrum[band].peak) {
    audiospectrum[band].peak = dsize;
  }
  audiospectrum[band].lastval = dsize;
  audiospectrum[band].lastmeasured = millis();
}

byte getBand(int i) {
  if (i<=2 )             return 0;  // 125Hz
  if (i >3   && i<=5 )   return 1;  // 250Hz
  if (i >5   && i<=7 )   return 2;  // 500Hz
  if (i >7   && i<=15 )  return 3;  // 1000Hz
  if (i >15  && i<=30 )  return 4;  // 2000Hz
  if (i >30  && i<=53 )  return 5;  // 4000Hz
  if (i >53  && i<=200 ) return 6;  // 8000Hz
  if (i >200           ) return 7;  // 16000Hz
  return 8;
}

.
CARD STAND:
ダイソーにある 2個100円の L型カードスタンド。64 x 45 x 20 mm。
M5STACK にピッタリ です!


Written by macsbug

12月 31, 2017 at 9:00 am

カテゴリー: ESP32, ESP8266, M5STACK

Arduino Library List

with 2 comments

Arduino Library List:508人の著者による ライブラリー集。                   2017.11.02

Arduino, ESP8266, ESP32 の 1147 のライブラリー とサンプルが集約されています。
リストの作成者は イギリス・ロンドン在住の Nicholas Humfre氏 です。

例として スイス・チューリッヒ在住 Daniel Eichhorn氏 の
ESP8266 + Display を使用した Mini Grafx Library があります。
その中には E-Paper, ILI9341 TFT Display のライブラリーとサンプルがあります。


.
リンク:
Arduino Library List:ライブラリー とサンプル。
List of Aurduino Library Authors:著者のリスト。
njh/arduino-libraries
njh github
njh twitter:


.
M5STACK  には ライブラリーと 多数のサンプルがあります。


.
感想:
謝辞:ライブラリー作成者とNicholas Humfre氏に感謝致します。
どういう風に作るか:
_ 1. センサーIC と「動作している自作例」を調べます。
_  画像やビデオだけの物はパス。
_ 2. スケッチがあるかを調べる。Arduino IDE で開発できる物だけにします。
_ 3. 価格を調べます。おおよそ部品代が1000円以内。高額な物は作りません。
_ 4. IC の規格を調べます。
_ 5. 回路図を調べる。回路図が無い物は回路図を作ります。
_ 6. 電源・バッテリーとケースの案を練ります。
_ 7. 部品をオーダーします。
_ 8. スケッチを考えます。

Written by macsbug

11月 2, 2017 at 10:34 am

カテゴリー: Arduino, ESP32, ESP8266

1.54 inch e-Paper Display with ESP32

with 13 comments

1.54″ e-Paper 200×200 SPI display を ESP8266, ESP32で動かしました。 2017.09.07

費用:
_ e-Paper + WeMos D1 mini :1831円
_ e-Paper + ESP32 Minikit  :2351円
_ e-Paper 単体は 1572円です。


.
仕様:

  • Operating voltage: 3.3V
  • Interface: 3-wire SPI, 4-wire SPI
  • Outline dimension: 48 × 33mm
  • Display size: 27.6 × 27.6mm
  • Dot pitch: 0.138 × 0.138
  • Resolution: 200 × 200
  • Display color: black, white
  • Grey level: 2
  • Refresh power: 26.4mW(typ.)
  • Standby power: <0.17mW
  • Viewing angle: >170

.
準備:費用 e-Paper + D1 Mini = 1831円。e-Paper + ESP32 Minikit = 2351円。

No  Nomen  Link   Price
 1  Waveshare 1.54 inch e-Paper
XH2.54 20cm 8Pin Cable
 WS Development Tool Store
($14.39)
 1572円
 2  ESP32 Minikit  All goods are free… ($7.13)   779円
 2  WEMOS D1 Mini Lite  WEMOS CC Store ($3.66)   400円
 2  WEMOS D1 Mini  MH-ET Store ($2.38)   259円
 2  WEMOS D1 Mini Pro  ElectronicFans ($4.60)   503円
 ———————————-  ———————————–   ——
 3  e-Paper ライブラリー  ZinggJM:GxEPD
 3  Image ソフト(Windows)  GOOD DISPLAY:Image2LCD

_ e_Paper について:
_  購入先:Aliexpress。
_  輸送期間:WS Development Tool Store は 12日で届きました。
_       その後の追加注文では 6日で届きました。
_  この e_Paper は Waveshare Electronics (微雪子) の製品です。

_  付属品:2.54mm コネクター・ワイヤー 20cm。
_   白いコネクターは e-Paper 基板のコネクターに接続。
_   黒いコネクターはブレッドボードワイヤーのメス側と同じです。
_   ESP側がオスピンならば そのまま挿して使用できます。


.
配線:以下8本を配線します。コネクターの接触に注意してください。
_ 基板裏BS端子は 「0」の位置で「4-wire SPI」を使用します。

e-Paper ESP8266
D1 mini
ESP32
Minikit
BUSY (Busy status output) D2 4
RST (External reset) D4 16
DC (Data/Command sel) D3 17
CS ( SPI chip selection) D8 5
CLK (SPI SCK) D5 18
DIN (SPI MOSI) D7 23
GND GND GND
VCC 3.3V 3.3V

 


.
ライブラリー:
_ ZinggJM:GxEPD をダウンロードしライブラリーに入れます。
_ Waveshare 1.54inch e-Paper display class は 「GxGDEP015OC1」です。
_ サンプル(exsample) は 8個あります。
_ 設定:スケッチの e-Paper display は 「GxGDEP015OC1」を使用します。
_ 以下、1行の変更のみで動作します。

 #include <GxGDEP015OC1/GxGDEP015OC1.cpp>; 

_ Arduino IDE ボード設定:以下の設定で書き込め 動作します。
_ ESP8266 ( WeMos D1 mini ) : “WeMos D1 R2 & mini”
_ ESP32  ( ESP32 MiniKit ) : “WEMOS LOLIN32”

SPI設定メモ:
_ ESP8266:
_  GxIO_Class io(SPI, SS, D3, D4); // SS=CS=D8, DC, RST
_  GxEPD_Class display(io);

_ ESP32:
_  GxIO_Class io(SPI, SS, 17, 16); // SS=CS=5, DC, RST
_  GxEPD_Class display(io, 16, 4);


.
画像処理:Image2LCD:画像を xxx.h に変換します。
_ Windows アプリです。マックは Wine Emulator で動作します。
_ xxx.h は スケッチのファイルの中に入れて使用します。
_ GxEPD のサンプルを参照すると解りやすいです。


.
サンプル(exsample):

 


.
参考:
Waveshare:1.54inch e-Paper Module:e-Paper WiKi。
Waveshare:1.54inch e-Paper Datasheet:e-Paper データーシート。
YouTube:Waveshare 1.54inch e-paper:Waveshare Electronics の説明。
YouTube:Tech Note 055 Using ePaper SPI Displays with an ESP32/ESP8266
_    ESP8266/ESP32 による 4.2 inch と 2.13 inch e-Paper の使用方法。
YouTube:Tech Note 056 ESP32 ePaper Serial UART Display with Weather Display Code
_    ESP8266/ESP32 による 4.3 inch e-Papre の使用方法。
YouTube:ESP8266 7.4inch Weather display:7.4″ E ink display と ESP8266。
YouTube:Images and Text on the Waveshare 1.54inch e-Paper Display
_    David Watts氏:WeMos D1 mini による自作例。2017.09.20 追記。
_    配線、スケッチは同じ内容です。
_    Image2LCD による Image作成方法が説明されています。
Arduino Forum:Good Dispay ePaper for Arduino:e-paper と Arduino。
Arduino Forum:Waveshare e-paper displays with SPI:Waveshare と ESP8266。
instructables:E-paper Display With Arduino/ESP8266:4.3″ とArduino/ESP8266

shinkansen55 さんからのレポート:追記 2017.10.07
_ 動作までの手順と流れを 以下に示します。shinkansen55 さん ありがとうございます。
– ardunio-IDEを使う。
– GxEPDをlibrariesへコピー。
– adafruite-gfx-libraryをlibrariesへコピー。
– ボードとしては、ESP32 Dev boardを選択する。
– SPIのexample を使う。


.
メモ:スケッチ や 他の情報の誤記。
_ スケッチ誤記:
_   // mapping from Waveshare 2.9inch e-Paper to Wemos D1 mini
_ 誤 // BUSY -> D6
_ 正 // BUSY -> D2:ZinggJM / GxEPD には「BUSY -> D2」と書かれている。

_ Arduino Forum の ESP32配線画像:Waveshare e-paper displays with SPI
_ 画像は見難いですが ESP32の配線と スケッチの端子は一致していません。
_ 正しい配線は 「配線:ESP32 MiniKit」の表に示した 番号です。


.
感想:
1. 謝辞:e-Paper ライブラリー「GxEPD」の製作者 ZinggJM氏に感謝致します。
_    他に G6EJD氏による「epd」。
_    squix78:Daniel Elichhorn氏の「EPD2」ライブラリーがあります。
_    sabas1080 / LibraryEPD
2. e-Paper の Display は 基板にしっかりと固定されており安心です。
3. 反射光によるコントラストと表示は 見やすく素晴らしいです。
_ 紙の様な表示に うっとりします。
4. 電源なしでも 表示している所が なんともいい感じです。
5. 画面消去に時間がかかりますので 高速表示には不向きです。
6. 画面に表示された QRコードは iPad で読めました。
7. 他の e-Paper を使用する場合は 「GxEPD」の使用条件を把握してください。
8. 日本国内の販売:投稿時に 日本アマゾンを除き e-Paper は 販売されていません。
_ Aliexpress は 1572円 で購入できますが ebay は 少々高い価格になっています。
_ 国内販売時は かなり高くなると思います。日本アマゾンでの Waveshare では
_ 1.54inch 200×200 が なんと 16049円という超高価格(10倍)で販売されています。
_ 日本アマゾンでの Waveshare は 他の製品も驚く程の高いボッタクリ価格です。
9. 大きなサイズ: 4.2 inch 400×300 を使用したいのですが $27.89 ( 2996円 )
_ と少々高いです。4.3 inch 800×600 は $53.00 ( 5745円 ) です。
_ 


Written by macsbug

9月 7, 2017 at 4:25 am

カテゴリー: ESP32, ESP8266