macsbug

Just another WordPress.com site

ESP32 with TELEC will be released.

leave a comment »

ESP32 の技適対応版が販売開始されました。             2016.12.03

Aliexpress で Official DOIT ESP32 Development Board と言う名前で
技適マークの付いた ESP-WROOM-32 の製品が販売されました。
技適番号は「211-161007」です。
販売業者は iHardware , InRobotics と Banggoodの3つです。
調査の為  iHardware へ注文しておきました。
.
iHardware:US$ 21.54:既に1 ORDERあり。

InRobotics:US$ 24.85:0 ORDER。

Banggood:2237円。:Pre Order が 63 個。
.
ORDER状況:12/04 AM9
iHardware = 2, InRobotics=2, Banggood=68。

.
技適番号と思われる番号は販売業者の写真からです。
販売業者のページには TELEC の事は表示されていません。
又 基板の裏に記載されている http://www.doit.am には 現在このBoard の
情報は書かれていません。


基板の違いについて:

.
Official DOIT ESP32 Development Board:
特徴:30ピン。縦の幅が1ピン分広い。
利点:技適対応有り。
利点:表に番号が書かれていている。
利点:右上のピン配置が D2,D15,GND,3V3 で I2Cボード(OLED)を直付可能。
弱点:ブレッドボードでの空きピンは1つしかない。
.
NodeMCU-32S:
特徴:36ピン。
利点:ブレッドボード上下に1ピンづつ空きがある。
弱点:表に番号が無く裏に番号が書かれていています。
弱点:技適対応無し。
.
Nano32:
特徴:40ピン。
利点:ブレッドボード上下に1ピンづつ空きがある。
利点:表に番号が書かれていてる。
弱点:技適対応無し。


まとめられているサイト:ESP32 the INTERNET of THINGS with ESP32.


ESP32 によるキーチェーンサイズの Game Boy Color:
_ 2016.11.5 パサデナ カリフォルニア州で Hackaday Superconference が行われ
_ 「SpriteTM Game Boy Programs」として Espressif // priteTM の Jeroen Domburg 氏
_ が説明されました。ビデオは 2016.11.28 に YouTube にアップされました。
_ The Tiniest Game Boy for Your Key Chain
_ 46分の内容は随所にノウハウ(部品, 画像, サウンド, メモリー交換)や意気込みも含め見応え
_ があります。本体の紹介は37分からで 最後にVNC方法や今後について話されていました。
_ 12月4日には 36298 の視聴数に達しました。


ESP8266の新情報。
ESP8266 は 通常 80MHz Clock であるが 非SDKアプリケーション開発手法によって
346MHz が可能との事。
是非やってみたいと思うが 私には高レベルでさっぱり解からず驚くばかりです。
しかしこれが出来れば ESP32 は買う必要は無いかも知れないと言う事になりますね。
cnlohr / nosdk8266


感想:
11月末に ある人から EspressifSystem の John Lee 氏への質問があり その回答は
_ TELEC 版は 私の担当でやっていますよと 言っていた記憶があります。
.
Game Boy Color を作られた Jeroen Domburg 氏の製作手法は電子工作の基本と応用で
_ 非常に参考になる内容でした。部品の選択は低価格が重要である事、無い回路は
_ 設計する事、画像処理の検討と試作と実験、ソフトウエアーでの努力、どれも
_ 素晴らしいレベルで感嘆致します。
.
現状:
ESP32への高速性の期待は大きいですが 周波数は現在のESP8266と同じです。
_ これでは ESP8266 と機能は同じで 価格が遥かに高いという事になります。
_ ダイレクト・ポートアクセスを検証しましたが ESP3266 より周波数が伸びていません。
_ 高速性をアピールするものが出て来ていますが Arduino IDE でのレベルではできません。
_ スタッフにより日々メインの部分が構築されています。
_ まだ、開発途上ですのでスタッフに期待したいと思います。応援しています。

Written by macsbug

12月 4, 2016 @ 12:33 am

カテゴリー: ESP8266

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。